【競馬】マーチンゲール法を使ってひと儲けを企む無謀なる実験(2)

写真拡大

 前週の記事「マーチンゲール法を使ってひと儲けを企む無謀なる実験」では、タイトルどおりマーチンゲール方式にて馬券を買う実験を始めた。(※詳細なルールは前回の記事をご覧ください。)以下にその経過報告を。

【前週の買い目と結果】

◆1/15 土曜京都3R
 単勝 :12番(500円)→×、3番(200円)→×
 ワイド:3-12(300円)→×

◆1/16 日曜中山9R
 単勝:1番(1,000円)→ ○   

 前週投資金額:2,000円
 前週回収金額:1,700円
 トータル収支: -300円
 
 初回にしてこの中途半端な結果。一応、記念に当たり馬券の画面コピーを掲載しておく。単勝1.7倍の馬券1,000円を自慢げに張り付けるのは、実はかなり恥ずかしかったりする。

 最初に決めたルールによりトリガミは負けと同等の扱いなので、300円しか負けていないのに今週は倍プッシュ。4,000円の投資ということに。

 編集担当は「次は当ててね」とまたまたお気楽な指令。しかし、僕としては、このまま順調に(?)負け続け、「競馬で確実に儲けしようなんて考えは甘いですよ」との教訓を残し、めでたく(?)本企画は終了させたい。でも、負けてしまうと自分のフトコロ事情的には、ちっとも嬉しくない。だから当てたい。(このジレンマはどうしてくれよう。)

【今週の勝負レース】

◆1/22 土曜中山11R アレキサンドライトS
 複勝 :16番ヒシパーフェクト(1,000円)

◆1/23 日曜中山2R
 ジャパンプライドの単勝(1,500円)
 また、ジャパンプライドを軸に以下の6頭に流す
 3連複(15点を100円ずつ)
 ・アポロスカイナイト
 ・ディーエスラムール
 ・バシリクス
 ・マイネルパラダイム
 ・リンガスクリフ
 ・ルーズベルト
 ※原稿執筆時点では馬番が判明していない。

 合計4,000円

 晴天続きで空気が乾燥しているので、乾いた力のいるダートで強そうな馬を選んでみた。中山競馬場の馬場造園課さんが過度に散水していないことを願うばかり。

 ヒシパーフェクトは大外枠になってしまったのが誤算だけど、中山得意とみて狙ってみる。「優馬」の単勝予想オッズが25倍だから、複勝8倍くらいつかないかな。(甘いか…)

 ジャパンプライドは松岡騎手。先週勝ってくれたガンマーバーストと同じだ。目標の8,000円以上になるよう、3連複は細かく買い目を考えるべきだろうけど、オッズがどうなるかよく読めない。面倒なので6頭に均等に流すことにした。もし当たるなら人気薄が来てほしいところ。

(マキカツ)


■関連記事
ちょっぴりオトナなガジェット通信! 『夕刊ガジェット通信』がオープン
【テレビ】NHKでオンナゴコロを理解する?『祝女』
月9ドラマに毎回違うストーリーで毎回違う商品PRするCMが登場
Gmailが初めての人に教えてあげたいちょっとしたこと
コウモリ的政治家とダム