最も効率のいいマイホーム購入のタイミング

写真拡大

 「年収1000万貧乏」という言葉を聞いたことありますか?
 これは、収入が多いせいで浪費が激しくなり、まったく貯蓄していない状態、つまり、高収入なのに蓄えが乏しい状態です。「収入はあるから、いつでも貯蓄は始められる」という心理が働いているそうですが、とてもよくない状態です。

 お金に余裕がない方はもちろん、たくさん収入がある方も、「お金の貯め方」「お金の使い方」は覚えておいて損はないものでしょう!『貯蓄のチカラ』(秋津智幸/著、午堂登紀雄/監修、朝日新聞出版/刊)は、「30代から考える、お金の使い方と貯め方」をテーマに、効率的な貯金と節約、不動産の買い方と選び方、保険に対する自覚、投資との付き合い方、そしてよい借金力の身につけ方などをわかりやすく教えてくれます。

 例えば、住宅の購入を考えた場合、早く買ってしまう方がいいのか、十分な貯蓄ができてからにすべきかで悩むのではないでしょうか。環境にもよりますが、これは、早いほどメリットがあるといえます。なぜなら、遅いと「住宅ローン」がネックになるからです。
 「住宅ローン」は最長で35年という、長い長い借金ですが、仮に30歳で35年ローンを組むと、完済するのは65歳になる年です。65歳という年齢は、多くの会社で定年を迎えた後です。つまり、年をとってから長期ローンを組むと、返済途中で定年むかえるので、収入が減ってからもローンに追われてしまうのです。
※30代で金利2%のローンを3000万円、35年返済で組むと、月々99378円の返済が35年続くことになり、月約10万円の支出が60歳代まで続くことになります。

 子供が小さいうちは養育費も安いので、早いうちからローン返済が始められれば、その分将来が楽になるのです。そういう理由で、30代の住宅購入は利に適っているのだそうです。
 こういったことは、知っているのと知らないのでは大きな差になります。

 30代は結婚、出産、転職など、人生の転機が重なりやすい年代です。
 いざという時に慌てふためかないように、早いうちから効率のよいお金の貯め方、使い方、借り方を学んでおきましょう。
読む新刊ラジオ:本書をダイジェストにしてラジオ形式で配信中!

【関連記事】  元記事はこちら
お金が貯まらない5つの理由
なかなかお金が貯まらない人の特徴とは?
アラサー・彼氏なし・金なし女性の休日に24時間密着!
悲惨すぎる婚活の結末

【新刊JP注目コンテンツ】
書店員がお勧めする“装丁”がすごい本「ブクナビ」
電通のアイデアの作り方、ついに公開