テクノブレーン(東京都品川区、能勢賢太郎社長)は、インターネット会社説明会配信システム「Inforuit System」を開発した。

 1000人を超える同時アクセスが可能なシステムで、会場の確保やコスト負担に悩んでいる企業のニーズに応える。時間や距離の制約を受けないため、説明会出席率の向上が期待でき、地方の学生や海外大生にもアプローチが可能となる。

 望月健司同社アウトソーシング部部長は「コスト削減だけを目的にシステムを提供するのではなく、各社の採用戦略や説明会の狙いを踏まえて、採用活動全体の費用対効果を最大化できるようにサポートします」と話している。

【テクノブレーン】IT・テクノロジー分野の最前線で活躍する人材を紹介しています
日本経団連「採用選考の倫理憲章」に賛同する会員企業は834社
新卒学生の会社選び「将来性がある」が最多、海外勤務はアジアより欧米を希望

日本人材ニュースHRN」は人材採用・人材育成の専門誌。「中立公正」「確かな取材活動」で情報提供を行っています。