iPhoneにキーボードが付いてたら良いなあと思ったことない? そんなときはこれ!

写真拡大




前面タッチパネルのスマートフォン『iPhone』だが慣れるまではフリック操作やQWERTY配列キーボードでの入力が難しい。長文をメモ帳や『Evernote』でサクサク書きたいって言う人もいるだろう。そんなときに重宝するのが今回紹介する『Keyboard Buddy iPhone 4』だ。

『iPhone』にドッキングさせるスライド式キーボード。横持ちユーザーにはありがたいガジェットだ。配列もQWERTY配列なのでパソコンの様に入力出来るほか、日本語にも完全対応している。

説明するまでもないが、装着は至って簡単。『iPhone4』をこの『Keyboard Buddy iPhone 4』にはめ込むだけなのだ。するとあら不思議、『iPhone4』にスライド式キーボードが付いちゃったのだ。またキーボードにはホームボタンや検索ボタンも付いているのでキーボードから素早くアクセスすることができる。

Bluetoothなので認識は簡単。設定画面でBluetoothをオンにして『Keyboard Buddy iPhone 4』の小さい丸いところをペンで押すだけ。すると認識するようになる。キーボードの充電はminiUSBを使う。電源のON、OFFスイッチもあるので使わないときは切っておくことも可能。

QWERTY配列でサクサク文字入力をしたい方にはお勧めの一品かもしれない。

ちなみに『iPhone 4』しか対応していないのでご注意を。こちら『BOXWAVE Keyboard Buddy iPhone 4 Case』は輸入品で国内では8400円くらいで購入可能。

miniUSBとON・OFFスイッチ
横から見たところ
日本語にも対応

BOXWAVE Keyboard Buddy iPhone 4 Case

■関連記事
世界最薄『iPhone 4』向け大容量バッテリーケース『exolife』にホワイトが登場
2200mAhの大容量スティックバッテリー『TUNEMAX STICK BATTERY』が発売
黒いiPodを漂白剤で白くしてしまう裏技!? 電子レンジでチン
電源いらず! 『iPhone 4』の音声を増幅するスタンド『iHorn(アイホルン)』
次世代文房具? 手書きメモを『iPhone』でデジタル化する『ショットノート』