『ファイナルファンタジー ヴェルサスXIII』の舞台は東京か!? 都庁や首都高も登場

写真拡大

スクウェア・エニックスの最新ゲーム『ファイナルファンタジー ヴェルサスXIII』のプロモーションビデオが公開されたのだが、その映像があまりに「私たちが住む日本」とそっくりなため、その映像を見た人たちを驚かせている。

その映像には、自動車に乗って首都高速らしき道路を走るシーン、高速道路の出口にETC専用の文字、「白金」という東京の地名、「騒音防止のため制限速度」などの日本語、雑居ビル、都庁、オペラシティ、NTTドコモ代々木ビルらしき建物を見ることができる。かなり衝撃的な展開なのだが……。

『ファイナルファンタジー ヴェルサスXIII』は『ファイナルファンタジーXIII』と同じ世界の別の物語といわれており、もしこの映像がそのまま『ファイナルファンタジー ヴェルサスXIII』として発売されるのであれば、私たちが住んでいる地球、日本、東京が『ファイナルファンタジーXIII』と同じ世界ということになる。

もともと『ファイナルファンタジー ヴェルサスXIII』として出されていた情報には近代的なシーンがあったが、まさかここまで現代的で、日本の東京のようなシーンが多数出てくるとは予想もしなかった。『ファイナルファンタジーXIII』では酷評されていたが、この革命的な展開により、魅力あるゲームとして見直されるかも!? いまから『ファイナルファンタジー ヴェルサスXIII』の発売が待ち遠しい。ちなみに、『ファイナルファンタジーXIII-2』の発売も正式に決定している。

screenshot:YouTube nyaon60.

このニュースの元記事を読む

■関連記事