女性はどれくらいマスターベーションをするのか

写真拡大

 昨年大ベストセラーとなり、現在も売れに売れている本が『女医が教える 本当に気持ちのいいセックス』(宋美玄/著、ブックマン/刊)です。
 表紙はどことなくエロマンガを思い起こさせますが、産婦人科医である宋先生が、男性がAVなどで得た情報から信じがちな女性の体についての誤解を正し、女性が本当に快感を得られるセックスを、前戯から挿入の方法まで教えてくれるというごくごく真面目で、使命感に満ち溢れた内容です。

■「女性もマスターベーションをする」という誤解
 筆者自身もAVを観過ぎたからか、女性も男性と同じように習慣的にマスターベーションをするものだと信じていましたが、本書によると、それは誤解。

 宋先生が行った調査によると、「マスターベーションをしたことがありますか?」という質問に対し、男性は大多数が「はい」と答えたのに対し、女性は各年代を合わせても「はい」と答えたのは半数程度だったそうです。

 また、マスターベーションの頻度に関する質問でも「週1回」〜「ほぼ毎日」と答えた人は女性全体の3分の1程度で、最も多い答えは「年数回程度」。
 日常的にマスターベーションを行う女性は少ないことがわかります。

 マスターベーションを覚えるタイミングについても男女で違いがあります。
 男性はマスターベーションを知った後にセックスを経験する傾向があり、女性はセックスで性的快感を知ってからマスターベーションを覚える傾向があるのです。

■“ミミズ千匹”や“カズノコ天井”は存在する?
 男性の間で半ば“願望”として語られるのが“ミミズ千匹”や“カズノコ天井”といった「名器」ですが、本当にこのような女性器を持つ女性は存在するのでしょうか?
 宋先生によると、とある内診で女性患者の膣内に指を挿入した際に、“カズノコ天井”と思われる女性器に出会ったことはあるものの、それは産婦人科医として何万人もの女性器に接してきた宋先生でも、たった一度、一人きりだそう。
 やはり、思い描いているような「名器」にはそうそう出会うことはできないようです。
 
 読み進めると、女性の体に対する誤解の多さに驚かされます。
 セックスに関しても、男性は相手が気持ちがいいだろうと思ってやっていることでも、女性にとっては痛いだけ、という行為も多々あるそうです。
 昨年、Amazonの年間ランキングで2位にランクインし、年が変わっても売れ続けている本書。知らなかったという方は、充実したセックスライフを送るためにも一度読んでみてはいかがでしょうか。
(新刊JP編集部/山田洋介)


【関連記事】 元記事はこちら
男の8割は“恋人以外ともセックスしたい”
イマドキの女性はどんなセックスをしているのか?
なぜイケメン・美女ばかりがモテるのか?
合コンで気になった女性から電話番号を聞く方法

【新刊JP注目コンテンツ】
書店員がお勧めする“装丁”がすごい本「ブクナビ」
巨大SNS「フェイスブック」は独裁か、創造か。『フェイスブック 若き天才の野望』