2009年12月17日にPS3ソフトとして発売され、2010年3月にはPS3およびXbox360向けに海外発売されたスクウェア・エニックスの人気シリーズ最新作「FINAL FANTASY XIII(FF13)」の続編となる「FINAL FANTASY XIII-2」の制作が発表されました。

発売はなんと今年を予定しており、FF13に寄せられた意見を反映した内容となっているとのこと。

詳細は以下から。
4GamerLive (4GamerLive) on Twitter

スクウェア・エニックス第1制作部カンファレンス実況中継! - ファミ通.com

本日スクウェア・エニックスが行っている「SQAURE ENIX 1st Production Department Premiere」によると、世界中のファンの要望を受けた続編として「ファイナルファンタジーXIII-2」をPS3およびXbox360向けに発売するそうです。発売は2011年を予定しており、ディレクターはFF13と同じく鳥山求氏が担当。

FF13には「ルートが1本道である」といった意見が寄せられていましたが、鳥山氏は「開発は順調に進んでいる」とした上で、「FF13でいただいたいろいろなご意見を解消する、答えになるものにすべくがんばっている」と述べたとのこと。

なお、PSP向けタイトル「FINAL FANTASY Agito(アギト)XIII」はタイトルを「FINAL FANTASY 零式」に変更した上で、2011年夏にUMD2枚組の大ボリュームで発売予定。そしてFF13と対になるとされている「FINAL FANTASY Versus XIII」はまるで日本を舞台にしたかのような作品となっているとされています。

・関連記事
Xbox360版「ファイナルファンタジーXIII(FF13)」、発売初週にもかかわらず販売本数は39位に - GIGAZINE

スクウェア・エニックス、「FINAL FANTASY Versus(ヴェルサス) XIII」のプランナーを募集開始 - GIGAZINE

スクウェア・エニックス、ゲームのプロデューサーを募集開始 - GIGAZINE

記事全文へ