1

写真拡大 (全4枚)

テキスト系妄想メディア「ワラパッパ (WARAPAPPA )」より


ということで年末に発売されたモンスターハンター、通称モンハン。

いやーこれが予想通り売れまっているみたいです。

興味のない人でも、電車やカフェでPSPをいじっている人が多くなったなーくらいのことは感じているんじゃないかと思うのですが、しかし別にPSPのゲームはモンハンだけではありません。ひょっとしたら別のゲームかもしれない……でもやっぱりモンハンかもしれない。PSPを持つ人を見るたびに、そんなじれったい思いに駆られている人も多いはずです。いや、多くないかもしれないけど。むしろそんな人いないかもしれないけど。まあそういうことにしといてください。

で。

今回はそんな皆さんのために、「生きていく上でまったく知る必要のないライフハック」として「目の前でPSPをいじっている人がモンハンをやっているのかどうか」を判別する方法を伝授したいと思います!


■判別レベル1 モンハン持ち判別法

まず、基本姿勢はこう。



通常、目の前でプレイしている人のPSPの画面は見えないため、モンハンなのか別のゲームなのか、わからないように思えます。

しかし、モンハンプレーヤーには、この状態でもそれとわかる明確な特徴があるのです!



左手の人差し指にご注目ください。

普通なら「L」ボタンにかかるであろう指が、若干ズレた位置に置かれていることがわかります。

これが、いわゆる“モンハン持ち”というやつです。



前方から見ると、このようになっています。十字キーとパッドを同時に操作する必要があるモンハンでは、これが一般的なスタイルなのです。

おそらく現在、このスタイルで遊んでいる人を見かけたら、それはもう画面を見ずともほぼ100%モンハンをプレイしていると考えていいはずですので、電車等で見かけたらどうぞ「やってるやってる」と一人ほくそ笑んでください。


■判別レベル2 Rボタン判別法

しかし、モンハンではいつでも必ず“モンハン持ち”をしているとは限りません。

その場合、次に注目するのは右手の人差し指です。



右手の人差し指がRボタンにかかっていますよね。

モンハンにおいて“モンハン持ち”をしない状況というのは、多くの場合において“戦闘中ではなく、村や農場にプレイヤーがいる”ことを示しており、その場合は代わりにRボタンを押しっぱなしにしていることが多いのです(キャラクターを走らせているため)。

ですので、しばらく手元を見ていても一向に“モンハン持ち”にならず、しかしRボタンを押しっぱなしにしているときは、「ああ、今は村か農場を走っているんだな」と一人ほくそ笑んでください。


■判別レベル3 親指カチカチ判別法
続きを読む

この記事の元ブログ: 電車やカフェでPSPをいじっている人がモンハンをやっているかどうか判別する3つのポイント


最新の人気記事はコチラ
モンスターハンターで学ぶ請求書の書き方
デスノートをノート以外で考える
そろそろ「三角食べ」以外の食べ方にも名前をつけてやるべきじゃないか
ツイッターが映画化されたらどんな映画になるのか?
速報「坂本龍馬さん(33)が暴漢に襲われ負傷の模様」
電車やカフェでPSPをいじっている人がモンハンをやっているかどうか判別する3つのポイント
「歴史上の人物を今風に暗記する」メソッド