CULTURE110117_5main

写真拡大

2011年1月15日、ルイ・ヴィトン表参道ビル7階にアートスペース「エスパス ルイ・ヴィトン 東京」がオープンした。

フランス・パリに続き世界で2つ目となるこのスペースは、2006年1月にオープンしたパリのシャンゼリゼ通りにあるメゾン ルイ・ヴィトンの7階「Espace Culturel Louis Vuitton」の東京版ともいえるもので、天井高8.45m、面積193平方メートルを誇る開放感あるフロア。ルイ・ヴィトンが長期にわたり築いてきたアートとの関係を集約するほか、新鋭アーティスト、著名アーティスト、個展、グループ展など様々な企画を行っていく。

2011年1月15日より5月8日まで開催中の初エキシビジョンは、「都会の現実(urban reality)」を主体としたインスタレーションで知られ、2009年ヴェルサイユ宮殿でのエキシビションでも世界的好評を得たるフランス人アーティスト グザヴィエ・ヴェイヤンの個展「Free Fall by Xavier Veilhan」。「エスパス ルイ・ヴィトン 東京」からインスピレーションを得て制作した作品「Free Fall」などオリジナル作品4点が展示されてる。

©Sebastian Mayer


■エスパス ルイ・ヴィトン 東京/Espace Louis Vuitton Tokyo
東京都渋谷区神宮前5-7-5
 Tel:03-5766-1088
開館時間:12:00〜20:00 不定休
入場料無料


■関連記事
ジャズ界の鬼才、菊地成孔と南博によるデュオと東信が“音の美術館”で夢のコラボ!
ツイッターで集まったスプ子LOVERSによるスプツニ子!オープン個展
話題の映画『ザ・コーヴ』DVDリリース
ベルリンが選んだ、静かに心揺さぶる中国映画 Column by 牧口じゅん
アパルトヘイトを写した南アフリカのDavid Goldblatt