裸眼で3Dを見る方法を発見した男! その方法が強引すぎる件について

写真拡大

2010年は3D元年といわれ、3Dテレビや3Dブルーレイが発売されました。プレイステーション3では3Dゲームも出ましたし、多数の3D映画も上映されました。まだまだ世間に浸透していない3Dですが、2011年は昨年よりもさらに「3D」が広まるのではないかと思います。

主流の3Dテレビや3D映画は、基本的に3Dメガネをかけないと見ることができません。3Dは目の錯覚を利用して映像が飛び出ているように見せています。右目で見る映像と、左目で見る映像を交互に目に映し、右目と左目の「微妙な映像の違い」によって、映像が飛び出して見えるのです(実はもっと複雑ですが簡単に説明しました)。

つまり、3Dメガネは右目の映像が映っているときは左目の映像を隠し、左目の映像が映っているときは右目の映像を隠す、シャッターのような役割をしているわけですね。それならば、「マブタを交互に閉じたり開いたりしたら3Dに見えるんじゃない?」と思った男性が、自分の頭に電気を送る装置を取り付け、高速でマブタをまばたきさせ、3D映像を見ることに成功したのです。

そのようすが動画共有サイト『YouTube』に掲載されているのですが、申し訳ないのですがかなりアヤシイ……。いや、技術は素晴らしいかもしれませんが、高速で強制的にマブタをまばたきさせているようすが非常に……コワイ。はたしてこれ、実用化される日はくるのでしょうか? 最近、裸眼で3D映像を楽しめる3Dテレビが出たので、どっちが欲しいかと言われたら、この装置よりも裸眼3Dテレビを買っちゃうかもしれません(ちょっとこわいので……)。

画像: YouTube

■関連記事
あまりにも狭い部屋で踊る素人美人がネットで人気爆発!
テレビ朝日で珍事が発生! PlayStationMove大特集のCMがWii
ひろゆきが対談 / 元・防衛省航空幕僚監部ボス×元2ちゃんねる管理人がタブーに挑む?
ネットユーザーが選ぶ「時間返せって言いたくなった映画」とは?
彼女にアニメオタク辞めないと結婚しないって言われたらどうする?