“程よい”難易度で楽しめるキューブパズル『3D ギアキューブ』発売へ

写真拡大




昨年10月に開催された『2011 タカラトミーグループ商談会』で第1報をお伝えした、ギア状のキューブを組み合わせた『ルービックキューブ』タイプのパズル『3D ギアキューブ』。タカラトミーアーツが2月24日に発売することを発表しました。ブラックとホワイトの2色をラインアップして、価格は2310円(税込み)です。

『3D ギアキューブ』の構造
正四面体パズル『ピラミンクス』を発明したメファート教授が考案した新製品。ギア状のキューブを組み合わせた構造で、アートっぽいデザインとメカニカルな動きが特徴です。各辺の中央に配置した『エッジキューブ』により、回しても動かない部分と連動して動く部分が生まれるため、「一見動くはずなのに動かない」「そろうと思っていたキューブがそろわない」という視覚的な混乱が起こります。

解法のカギは、3Dの思考とのこと。キューブを回すとどのキューブがギアの影響を受け、どのキューブがどのように動くのかを立体的に理解する必要があります。この法則を理解すると逆に解きやすくなり、『ルービックキューブ』よりも低い難易度で遊ぶことができるとのこと。『ルービックキューブ』を断念した方でも解く楽しみを味わえそうです。

製品パッケージ

■関連記事
【タカラトミーグループ商談会】“程よい”難易度のキューブパズル『3D ギアキューブ』
【タカラトミーグループ商談会】エステーCMの“ムッシュ熊雄”が会場を急襲! グッズも新製品が続々登場
本15冊頭に乗せてルービックキューブしながら円周率100ケタ暗唱する美女
【東京おもちゃショー2010】『ルービックキューブ』と同じ30周年! 町田市立山崎小のモザイクアートが『ギネス世界記録』認定
【タカラトミーグループ商談会】これで“ちょい足し”も思いのまま! お菓子をフリカケに変えてしまう『おかしなフリカケ』