2012年卒業予定の学生を対象とした「2012年卒マイコミ学生就職モニター調査12月の活動状況」の結果を、毎日コミュニケーションズ(東京都千代田区、中川信行社長)が発表した。

 同社が実施している10月の調査開始以降、11月、12月と3カ月連続で、前年に比べ活動が“やや遅れ気味”という傾向が現れている。特に、「業界研究」「企業研究」「仕事(職種)研究」や「自己分析」などの活動が前年を下回った。

 一方で、「個別の企業セミナーに参加した」「1次面接を受けた」が前年同月比で若干増加し、やや活発な動きを見せ始めている。自己分析などの準備を早めに行っている学生は、すでに、その後のステップに着実に進んでおり、学生間で就職活動の二極化傾向がうかがえる。

 12月に企業にエントリーした割合は、前年同月比で前半8.8ポイント減の58.6%、後半10.3ポイント減の55.7%となった。2カ月連続で前年を上回っていた平均エントリー社数も、12月には前年同月比0.6ポイント減少の8.0社に留まった。

 しかし、10月からの時系列で見ると、個別企業セミナーの参加社数やエントリーシート取り寄せ社数が伸びており、個別企業との接触も徐々に始まるなど、就職活動がいよいよ本格化しつつあるようだ。

早期の就職活動者の内定割合は高かった
不足するグローバル人材 新卒採用では需給に矛盾も
卒業後3年以内の新卒扱い 賛成企業は4割弱

日本人材ニュースCarrera」は働く・学ぶ・遊ぶ・暮らす−キャリアニュースサイト。「中立公正」「確かな取材活動」で情報提供を行っています。