ヴェルサーチが日本市場に再進出

写真拡大

 2009年秋に日本から撤退した「Versace(ヴェルサーチ)」が、再び日本市場に参入することが明らかになった。新生ヴェルサーチ・ジャパンのCEOには、元ジルサンダージャパン代表の斎藤博氏が就任。2011年秋冬シーズンより新たな展開が予定されている。

ヴェルサーチが日本市場に再進出の画像を拡大

 ファッションデザイナーGianni Versace(ジャンニ・ヴェルサーチ)の妹Donatella Versace(ドナテッラ・ヴェルサーチ)がデザインを手がけるイタリア「Versace」は、2009年5月に東京・紀尾井町の本店を閉鎖し、7月末までに百貨店を含む国内の全直営店を閉店。秋には日本から完全に撤退した。ヴェルサーチ・グループCEOのGiangiacomo Ferrarisは、日本市場での再展開に向けて戦略の見直しを図っていると伝えられてきたが、およそ2年の時を経て新たに進出することが決まった。

 ヴェルサーチ・ジャパン新CEOの斎藤氏は、グッチ・グループ・ジャパンを経てプラダ・ジャパンの営業統括本部長、そして2007年から2010年までジルサンダージャパンの社長兼CEOを務めてきた。「Versace」は新体制のもと、東京や大阪の百貨店を皮切りに再スタートが計画されている。