三國志はどこまで続くのか?(画像:Amazon.co.jp)

三國志」は1985年に株式会社光栄(現 株式会社コーエーテクモゲームス)からパソコン用としてリリースされた歴史シミュレーションゲームです。

※「三國志」は「信長の野望」「蒼き狼と白き牝鹿」と並ぶコーエー歴史三部作としてリリースされたゲームです。

「三國志」が成立するのはどこまでか?「三國志」は言葉通りでとらえれば西暦184年の「黄巾の乱」から西暦280年の晋による「三国統一」までだと考えられます。そこで疑問が出てきます。「ゲームとして継続可能なのは西暦何年までなのか?」と。

※シリーズや個人差もありますが、どのシナリオでもゲームスタートから20年くらいでエンディングを迎えるのは可能だと思われます。

以前挑戦したときは「三國志?」で184年の「黄巾の乱」からスタートして西暦何年までゲームが成立するのか試してみました(君主は「劉備」)。その時は大体西暦200年で全国統一直前まで進めたところで、空白地1国を残してしばらく待機してみました。

※その場合、在野武将が出現してくるので捜索して登用をし続けてみてゲームを進めます。

大体、西暦290年前後で武将数が寿命等で30名前後に減り、殆どゲームが成り立たなくなりました。それでも継続してみると西暦305年で武将が1名(「諸葛靚」のみ)になり西暦307年で武将が0名になりゲームオーバーになりました。

※このことから概ねゲームとしては西暦310年くらいまでは運が良ければ成立しそうです。シリーズによって、裏技等でさらに継続する可能性がありそうです(「三國志?」では戦闘中であれば寿命で死なないという裏技がありますので頑張れば半永久的に継続出来るかもしれません)。

「三國志」で西暦2011年まで三国時代を成立させてみたら歴史が変わるかもしれません。


(C)株式会社コーエーテクモゲームス
▼外部リンク
三國志DS

■関連記事
(ネタバレ注意)「兄好」第1話から、病的なほどお兄ちゃんが大好き!
【懐かしいゲーム特集】「キングオブキングス」(やりこみゲームその3)
「創聖のアクエリオン」BD-BOXが3月に発売!
「侵略!イカ娘」Blu-ray&DVD第2巻が26日に発売!
ウェーブ「インデックス」フィギュアが4月に発売!