インターネットを超える新メディア

写真拡大

 テレビ、雑誌、ラジオなど、いわゆるマスメディアの衰退が叫ばれて久しく、その原因の一つとしてインターネットの普及が挙げられる。
 一般の人々とマスメディアの間の情報格差が小さくなり、かつてなら情報収集をマスメディアに頼る他なかったのに、今ではインターネットで簡単に情報を受発信できるというわけだ。
 しかし、『スマートメディア―新聞・テレビ・雑誌の次のかたちを考える』(デコ/刊)の著者で、小学館で長年雑誌編集に携わってきた中村滋氏は、マスメディアの衰退はインターネット普及以前からはじまっていたと指摘する。社会が成熟して人々の考え方や嗜好の多様化と細分化が進んだ結果、みんなが同じ情報では満足しなくなった。1つの同じ情報を大量に配ることを得意とするマスメディアは、機能不全に陥ってしまったのだ。

 つまり現代は欲しい情報が手に入りにくい時代だといえ、この事態はインターネットによっても解決できないと中村氏は指摘する。
 例えば「いいレザージャケット」が欲しいと思った人が、「レザージャケット」というキーワードで検索をしても、あらゆる素材、あらゆるブランドのレザージャケットの膨大な情報が出てくることになり、本当に欲しい(であろう)情報に巡り合うのが難しい。インターネット検索はかなり具体的に検索対象のことを知っていなければ役に立たないのだ。

 中村氏は、個々人が欲しいものや情報に出会うことができない現状を変える“新しいメディア”として、本書のタイトルともなっている「スマートメディア」の概念と具体案を提示している。「スマートメディア」とはiPhoneやiPadなどのモバイル機器を使った「その人の欲しい情報をその人へ届けるメディア」で、著者の大胆な予測によれば、テレビ、新聞、雑誌などの旧メディアはいずれこの新しいスマートメディアに吸収されていくことになるという。

 これまでのメディアを振り返ることで、メディアの新たな可能性を見せてくれる本書。
 出版・テレビなどのメディアで働く人はもちろん、デジタルコンテンツでのビジネスを考えている人にとっても得難い情報を与えてくれるにちがいない。
(新刊JP編集部/山田洋介)


【関連記事】 元記事はこちら
韓国と北朝鮮、どちらの軍事力が上か
本作りは出版業界だけのものではなくなる?
メディアが伝えない日本の真の問題
給与総額はわずか10年で20兆円も低下、格差社会の真相に迫る

【新刊JP注目コンテンツ】
出版×IT 次世代メディアとは?(新刊ラジオ第1296回)
新刊JP特集 中村滋『スマートメディア』