ジョンローレンスサリバン、パリで初のショー開催へ

写真拡大

 「JOHN LAWRENCE SULLIVAN(ジョン ローレンス サリバン)」が2011年1月20日、パリで初のランウェイショーを開催する。2011-12年秋冬コレクションの発表を直前に控えたデザイナー柳川荒士氏に、今の心境と意気込みを聞いた。

サリバンがパリで初のショーの画像を拡大

 元プロボクサーのデザイナー柳川荒士(Arashi Yanagawa)氏が手がける「JOHN LAWRENCE SULLIVAN」は、2003年のデビュー以来、東京のメンズファッションシーンを牽引し続けてきた。素材とパターンのマッチングから生まれる美しい背中へ執着し、理にかなったエレガントなシルエットを追求。細部にこだわったブリティッシュテーラーメイドを軸に、ベーシックなアイテムにミリタリーやスポーツテイストを加え、エッジの効いたスタイルが特徴だ。2010年春夏シーズンからは、メンズに加えてレディースラインを本格スタート。また、気鋭アーティストとコラボレーションするプロジェクト「THE SULLIVANS(ザ サリバンズ)」を立ち上げるなど、そのクリエイションは多岐に渡っている。

 パワフルな演出のショーにも定評があるが、「JOHN LAWRENCE SULLIVAN」は2010年3月、都内で披露した2010-11年秋冬コレクションを最後に、東京でのファッションショーを休止。柳川氏の「新しい形で勝負したい」という思いから、発表拠点をパリへ移すことを明らかにした。柳川氏にとってパリは、これまでも5シーズンに渡って展示会形式で発表してきた場所。東京のラストショーから1年弱の時を経た2011年1月、パリ・メンズファッションウィーク期間中に、初のランウェイショーを行う。「今までと変わらず、ブランドの可能性に挑戦する気持ち」と話す柳川氏。「発表する場所が変わっても自分のするべき事とできる事は変わらないので、スタッフと力を合わせ、今までよりも成長した JOHN LAWRENCE SULLIVAN を発表したい」と意気込む。

■JOHN LAWRENCE SULLIVAN 東京ラストショー(2010-11AW)全ルックはこちら
 http://www.fashionsnap.com/report/1011aw/john-lawrence-sullivan/