【ゲームコラム】この世界でいちばん素晴らしいゲームハードがXbox360なのは間違いないが、そもそもゲームハードごとに派閥ができ、プレイステーション3ユーザーがWiiユーザーを馬鹿にし、Wiiユーザーがプレイステーション3ユーザーを馬鹿にするなど、嘆かわしい状態が続いている。どうでもいい低レベルな争いがインターネット上で繰り広げられているわけだ。

Xbox360にはXbox360の良さがあり、プレイステーション3にはプレイステーション3の良さがある。そしてそれぞれのゲームハードはゲームソフトのラインナップとそのクオリティで評価されるべきであり、腰巾着のようにゲームハードにしがみついて他のハードのユーザーを馬鹿にする行為ほど愚かな事はない。特に日本ではXbox360を馬鹿にする風潮があるようだが、そのような考えや行為は極めて愚かで無知な行為であり、トンチキとしか言いようがない。

日本人は「Xbox360」というゲームハード名を耳にしたり目にしただけで拒否反応を起こすようで、何がどうしてそうなったのか、「プレイステーション3のほうが素晴らしい!」という思考が働くようだ。凄まじくトンチキである。なんという腐りきった島国根性!

同タイトルのゲームがXbox360とプレイステーション3で出ている場合、フレームレートやグラフィック面でXbox360版のほうが素晴らしいにもかかわらず、どういうわけかプレイステーション3版を購入し、そして賛美する。一部のゲームブログで「プレイステーション3版は劣化している」という記事が掲載されても、Xbox360版に目を向ける人は少ないだろう。

どういう事かというと、日本人の腐れ根性がゆえに、どう頑張ってもXbox360は叩かれる運命にあり、そして劣化だのウンコだの言われるわけである。そしてXbox360の次世代ハードが出ても「Xbox」というハードの次世代機として日本人は偏見に満ちた目で見て、そして劣化だのウンコだの言うのである。

じゃあどうすればいいのか? Xbox360の次世代機は日本で発売しないほうがいい。欧米だけで素晴らしいゲームソフトを発売して、それを遊べず涙目になっている日本人たちにXbox360(の次世代機)の素晴らしさを思い知らせてやろう。涙目になりながら劣化ゲームを遊んでいればいいのだ。

writer: IKA-X

このニュースの元記事を読む

■関連記事