2004年の発売開始以降、年間販売台数でライバル機・ニンテンドーDSの後塵を拝してきたPSPが、2010年は初めてDSを抜いたことが明らかになった。 

メディアクリエイトによると、2010年(2010年1月4日〜2011年1月2日)の国内家庭用ゲーム機の販売台数は、PSP(PSP go含む)が2,907,120台、DS(DS Lite、DSi、DSi LL合計)が2,871,618台、Wiiが1,674,438台、PS3が1,586,123台となり、PSPがトップ。PSPは前年比121.9%の伸びを見せたのに対し、DSは前年比69.0%と落ち込み、勢いの面で明暗を分けた格好だ。

昨年のDSは「ポケットモンスター ブラック/ホワイト」が4,966,738本を販売するなど、大型のヒット作はあったものの、ハードの販売台数を大きくけん引するには至らず。任天堂のハードが例年伸びを見せる12月には前月比360%となる636,875台を販売したが、同じく前月比367%と好調だったPSPに12月2週目で逆転された。この結果、DSが発売された2004年を除き、ハードの年間販売台数は過去最低の数字となっている。

伸び悩みの要因として、メディアクリエイトは「国内総販売台数が32,000,000台を突破し飽和状態になりつつあるため、ビッグタイトルが発売されてもハードに影響しにくい」「3DSの発売が発表されて以降、既存のDSハードの買い控えが起きた」と分析。反対にPSPが伸びたのは、先日400万本出荷を達成したカプコンの「モンスターハンターポータブル 3rd」がハードをけん引したことが、大きな要因となっている。

具体的に見ると、12月の販売台数は941,824台で、同月の販売台数としてはPSP史上最多の結果に。また、売り切れを予想して発売前に購入していたユーザーも多く、11月も前月比174%の台数を販売している。さらに加えるならば、PSPは国内の総販売台数が16,000,000台と、DSに比べると少なかったため、その分伸びしろがあったとも考えられそうだ。