【懐かしいゲーム特集】「ロマンシア」(ファミコン版)

写真拡大

ヒントの無い謎解き!(画像:amazon.co.jp)

「ロマンシア」は1987年に東京書籍(トンキンハウス)からファミコン版としてリリースされたアクションRPGです。なお、日本ファルコムからPC版がリリースされており、以前ご紹介した「ドラゴンスレイヤー」シリーズ第3弾が本作です。

「ロマンシア」ではゲーム内容としては普通の横スクロール型のアクションPRGに見えますが、内容的には謎解き重視のAVGに近い印象です。

例えば、病気の娘さんに薬を届けるとカルマが減り「良い人」になるのですがそれで謎解きを進めていると、逆に悪い事をして「悪い人」にならないとクリア出来なかったり、はたまた、あるスイッチ?をある順番で踏まないと先に進めなかったり(全てノーヒントに近いです)という具合にその難易度がかなり高いものでした。
ノーヒントの「謎解き」「ロマンシア」のリリースされた1987年当時のゲーム市場(特にPC版)は「難易度が高ければ高いほど良い」という風潮がありました。

確かに長時間遊ぶことにより楽しめるのであれば良いと思いますが、ロマンシアの謎解きはノーヒント状態。「意地」でなんとかしたくなった思い出があります。

そんな「ロマンシア」が楽しい確かに不条理な謎解きが多いゲームではありましたが、その不条理さがAVGでいうところのコマンド総当たり的な攻略を要求されることになり、寄り道的な遊び方が色々と出来ました。

特に地獄に落ちてブタさんになる場面は、ハマり画面でしたが
そのシチュエーションが大変楽しいものでした。

「ロマンシア」で古き良きPCゲームの雰囲気を楽しんでみましょう!


(c)トンキンハウス 日本ファルコム
▼外部リンク
ロマンシア

■関連記事
【斉藤アナスイの思い出】お弁当を隠しながら食べていた人集合
アニメイト「けいおん!! キャラクタースニーカー」通販即完売!
「ゼノギアス」人気楽曲を含め14曲のフルオーケストラアレンジCDが2月に発売!
ねんどろいどぷち種島ぽぷら付き「WORKING!!」最新第9巻が3月に発売!
『RX-78(ナナハシ)ガンダム箸 シールド型箸袋』本日6日(木)より受注スタート