パナソニックがテレビと連動するAndroidタブレット『ビエラ・タブレット』の開発を発表

写真拡大




パナソニックは、同社のデジタルテレビ『ビエラ』と連携できるAndroidタブレット『ビエラ・タブレット』を開発、米国で9日まで開催されている展示会『2011 International CES』に出展したことを発表しました。発表資料によると4型、7型、10型の3サイズでタッチパネル液晶を搭載し、Wi-Fi接続が可能。Android OSを採用しているとありますが、OSのバージョンなど詳細は今のところ明らかになっていません。

タッチパネルによる直感的な操作と、テレビの子画面としての機能により、『ビエラ』の新しい視聴スタイルを実現するコンセプト。同社が今春に開始を予定しているクラウド型のインターネットサービス『VIERA Connect』との連携、タブレットをリモコン代わりに利用する『ビジュアルリモコン』、スポーツ番組をテレビとは異なるアングルの映像と併せて楽しむ『マルチアングル』、テレビを視聴しながらSNSを利用する『SNS連動』、テレビ番組で紹介された商品をタブレットから購入できる『eコマース連動』といったテレビとの連携機能が発表されています。

タブレット単体向けにも、スポーツや映画、音楽といったコンテンツの配信、新聞、雑誌や電子書籍、ゲームの配信、SNSやeコマースの利用などのサービス提供を検討しているとのこと。薄型・軽量性、長時間動作、耐衝撃性など同社がポータブル機器で培ったノウハウを活用するとあり、製品化されればAndroidタブレットの中でも特徴的な製品になりそうです。


■関連記事
映画『ハリー・ポッター』6本入りHDD製品レビュー DivX形式だからPC・PS3・スマートフォン・タブレットでどこでも鑑賞可能
Android 2.2だからといって『Flash Player 10.1』が動くわけではない
アキバにあるAndroidタブレット“aPad”の専門店 NextFun に行ってきました
日本初SIMフリーAndroidタブレット『Camangi FM600』の販売代理店と日本通信が提携へ
12月10日発売のシャープの電子書籍端末『GALAPAGOS(ガラパゴス)』はAndroid端末ではない?