4日、韓国政府関係者によると、かねてより構想が持ち上がっていた日中韓を結ぶ海底トンネルについて、韓国国土海洋部は「経済性に欠ける」との判断を下したことがわかった。写真は中国・山東省威海市。<url name="【その他の写真】" url="http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=48341">

写真拡大

2011年1月4日、韓国政府関係者によると、かねてより構想が持ち上がっていた日中韓を結ぶ海底トンネルについて、韓国国土海洋部は「経済性に欠ける」との判断を下したことがわかった。環球時報の報道。

韓国聯合通信の報道では、国土海洋部は韓国交通研究院の報告を受け、日本の福岡と韓国の釜山、中国・山東省威海市と韓国西岸を結ぶ2本の海底トンネルについて、経済的観点からプロジェクトを断念するとの判断に至った。

【その他の写真】

09年、李明博大統領は地域発展委員会会議において2020年までの国土開発基本構想を決定。両トンネル建設構想については“長期的検討課題”とし、経済性と技術面両面で可能性を模索していたが、その利便性とコストの兼ね合いから今回の決定を下した。(翻訳・編集/愛玉)

【関連記事】
建設の機運高まる中韓海底トンネル=山東省が国際交通のハブに―中国紙
日中韓を結ぶ海底トンネル=今月末にも中韓区間の建設日程発表も―中国メディア
中国で2番目の海底トンネルが貫通―山東省青島市
インドがヒマラヤ山脈の難所でトンネル建設=中国への軍事的対抗が目的―米紙
中国本土と台湾の直通列車を計画=福建省から海底トンネルを敷設―武漢鉄路局長