日本の元タレントが北朝鮮の「国宝級美女5人衆」に?(写真左上)

写真拡大

昨年6月、韓国メディアが日本人の元タレント麻亜里の写真を「人民軍の美人中佐」として間違って報じてしまうハプニングがあったが、最近再び麻亜里の写真が北朝鮮の「軍人の花」として紹介された。

中国の人民日報は昨年末、北朝鮮では「統一の花」「軍人の花」などと呼ばれる5人の美女が人民から人気を集めていると報じた。5人は“国宝級の美女”で、朝鮮万寿台芸術団の女優として活躍する「統一の花」と呼ばれるジョ・ミョンエのほか、「北朝鮮応援チーム」のジョン・ミヒャン、「北朝鮮のキム・テヒ」名前不明、「北朝鮮の林黛玉」のリ・ジョンラン、「軍人の花」キム・オクヒの5人を紹介した。

しかし、「軍人の花」と紹介されたキム・オクヒの写真は、昨年韓国メディアが誤報した麻亜里の写真だった。2010年に韓国メディアが「人民軍の美人中佐」と誤報したものが、再び中国で「国宝級の美女5人衆」のひとりとして紹介されたようだ。

昨年報じられた麻亜里の写真は、バレリーナ姿や、白いワンピース姿など清楚なイメージの写真が複数あったが、今回はその中からバレリーナの写真が使われた。なぜ日本の元タレントの写真が北朝鮮の美女としてたびたび浮上するのか疑問である。実際にキム・オクヒが実在するのかどうか、実在するのに写真を間違えて使用しているのか、いずれも不明だ。今のところ、中国の報道を引用した韓国メディアは訂正報道などをしていない。

ちなみに、「統一の花」と呼ばれるジョ・ミョンエは平壌音楽舞踏大学を卒業し、紹介された5人の中で最も有名な人物。金正日総書記の許可を得て、北朝鮮の女優としては初めて韓国大企業の広告に登場した。「北朝鮮応援チーム」のジョン・ミヒャンは、北朝鮮チームが出場する国際競技でたびたび登場する。

「北朝鮮のキム・テヒ」はカンボジアの北朝鮮食堂で働いている女性で、名前など詳しいことは分かっていないが、韓国の女優キム・テヒと顔が似ていることから関心を集めた。北朝鮮の女優リ・ジョンランは、北朝鮮版『紅楼夢』で林黛玉を演じたことから「北朝鮮の林黛玉」と呼ばれるようになった。キム・オクヒについては、朝鮮人民軍芸術団の舞踊俳優とだけ紹介された。5人は中国のインターネット上で「軍人の花」と呼ばれているという。



参照:日本の元タレントが「北朝鮮人民軍の美人中尉」? 韓国メディアが誤報 - 韓フルタイム
参照:北朝鮮の「国宝級5人衆」は誰? - スポーツソウル

(文:林由美)

■【韓フルタイム】とは……
【韓フルタイム】とは韓国に特化した情報を提供する媒体です。
韓国に詳しい専門の日本人記者が取材、執筆を行っております。
韓国中心の出来事をいち早くお届けできるように頑張っていきます。