カプコン創業以来史上最速のペースで売れ続けている人気シリーズ最新作「モンスターハンターポータブル 3rd」の出荷数が発売1ヶ月で400万本を突破したことが明らかになりました。

PSP史上最速記録を塗り替えるだけでなく、なんと昨年9月に発売された「ポケットモンスター ブラック・ホワイト」の販売数を上回ることも視野に入り始めるなど、驚くべき事態となっています。

詳細は以下から。
株式会社カプコン | カプコンの『モンスターハンターポータブル 3rd』が発売1ヶ月間で国内400万本を突破!〜 2010年度国内市場の販売No.1タイトルを目指す 〜

カプコンのプレスリリースによると、2010年12月1日に発売されたPSPソフト「モンスターハンターポータブル 3rd」の国内出荷数が400万本に達し、シリーズ累計1700万本を突破したそうです。

前作にあたる「モンスターハンターポータブル 2nd G」は400万本を突破するのに2年を要しましたが、「モンスターハンターポータブル 3rd」はわずか1ヶ月で到達し、PSP史上最速記録を塗り替えるだけでなく、2010年度の国内市場販売No.1も視野に入っているとのこと。

また、好調なセールスの主な背景として、追加ダウンロードコンテンツなどの話題喚起でシリーズユーザーに確実に訴求したことに加え、テレビCMなどによる継続的なプロモーションによる認知度向上で新規ユーザー層の獲得に成功したことが挙げられています。

ちなみに2010年度の国内市場販売No.1となるためには、同じく発売1ヶ月で400万本を売り上げた「ポケットモンスター ブラック・ホワイト」を上回る必要があるわけですが、はたしてカプコンはどれだけ追随することができるのでしょうか。

なお、同作は大手通販サイト「Amazon.co.jp」でも未だに品切れが続いており、1月5日12:00現在、予約受付中となっています。

Amazon.co.jp: モンスターハンターポータブル 3rd: ゲーム


これだけ好調に売れ続けているということは、「モンスターハンター」シリーズは国内市場において、「ポケットモンスター」シリーズと並ぶ携帯ゲーム機の二大巨頭と言っても過言では無い存在となったということなのかもしれません。

・関連記事
「モンスターハンターポータブル 3rd」とコラボ、はちみつ調合の「ドデカミングレート」全8種類試飲レビュー - GIGAZINE

モンハンスタッフ完全監修、「モンスターハンターポータブル 3rd ハンターズモデル」速攻フォトレビュー - GIGAZINE

本物と類似作品が激突か、いよいよカプコンの「モンハン」が中国に進出へ - GIGAZINE

今度は「モンスターハンター」に酷似、またしても中国でとんでもないゲームが登場 - GIGAZINE

記事全文へ