「成功」への鍵は自然体でいること 日めくり“松下幸之助”

写真拡大

 あけましておめでとうございます。
 新年の目標はもう決まりましたか? やりたいこと、成し遂げたいこと、1年のはじめだからこそ思い浮かべられることがたくさんあるはずです。

 でも、具体的に目標を立ててもなかなか達成できないという人も多いのではないでしょうか。そんなときは自然体でいることが良いと、“経営の神様”と謳われる松下幸之助は言います。

 PHP研究所から出版されている『松下幸之助 成功の金言365』は“経営の神様”と謳われる松下幸之助の365の至言を、様々な著書から引用した1冊。1日1ページ、365日分が用意されています。
 その中から「成功」という題名がつけられた1月1日の至言を引用しましょう。

・・・私に言わせると人間万事、世の中のすべては天の摂理で決まるのが九〇パーセント、あとの一〇パーセントだけが、人間のなしうる限界だと思うのである。
・・・つまり、私の言いたいことは、「絶対に無理をしない」ことなのである。宇宙大自然に逆らわず、むしろ宇宙や大自然にとけこんで、これと一体になりきってしまう。これが人間のほんとの姿であり、その結果あらわれてくるものが、世の中で言う成功とか成就とか、あるいは億万長者ということになるのではなかろうか。・・・
『仕事の夢 暮しの夢』


 明日(1月2日)の至言でも、人間は90%パーセントまでが運命で決まっている、残り10%が自分の意思で左右できるのだ、と幸之助は繰り返し言います。

 無理をしないことを第一に、流れに身を任せながら自分の意思を強く持つ。実はなかなか難しいことですが、そういう気持ちを持っていれば、1年間無事平穏に過ごしつつ、目標を達成できそうですね。
(新刊JP編集部/金井元貴)

【関連記事】 元記事はこちら
合コンで嫌われる“名言”
片づけられない人が「グサッ」と来た“片づけ名言”とは?
ジョブズの“魅力あるプレゼン”にあった法則
「HONDA」のバイクじゃなく、「HUNDA」のバイクが走る国

【新刊JP注目コンテンツ】
個人に合わせた情報が手に入る「新しいメディア」 『スマートメディア』特集
新刊JP特集 村上龍『逃げる中高年、欲望のない若者たち』