【YouTube】常夏気分なスペランカー

写真拡大

(画像:YouTubeより)

些細な高低差、コウモリのフンで死に至るなど、ゲーム史上に残る、弱い主人公が登場するゲームといえば、1983年にリリースされた『スペランカー』。

クラシック音楽のパロディを行っている打楽器+DTMバンド 『sideshow』は、代々木で行ったライヴにおいて、スペランカーを打楽器アンサンブルにて演奏。洞窟というよりも常夏のビーチリゾート地をイメージさせるようなリズムは、YouTubeで視聴したユーザーからも好評を得えているようです。

打楽器アンサンブルでスペランカー
Percussion ensamble 「Spelunker!」


常夏気分です。

■関連記事
モバイルNewtype「GOSICKーゴシックー」きせかえ配信、期間限定価格で。
ニンテンドーDS「君に届け〜伝えるキモチ〜」発売決定!
コトブキヤのフィギュア『霧雨魔理沙』
キアヌ・リーブス、クリスマスツリーを車にガン積み
【2ちゃんねる】年末年始恐怖症