【懐かしいゲーム特集】「電車でGO!」(プレイステーション版)

写真拡大

(画像:Amazon.co.jp)

「電車でGO!」は株式会社タイトーから1996年にアーケード版としてロケテストがなされ、翌年に稼働を開始した電車運転シミュレーションゲームです。また、プレイステーション等にも移植されております。

このゲームの最大の特徴はプレイヤーが「電車の運転手」としてゲームが出来る点です。鉄道会社の社員にならない限り、一般の方が電車を運転することは不可能に近いです(以前700万円持参の条件付きで鉄道運転手の募集がありました)。それが出来るということが幅広い層に受けかなりのヒットを飛ばしました。

また、鉄道独特の標識、信号なども遵守して運転する必要があり、自然と鉄道知識が身に付くようになっています。


いろいろなシミュレーター的なゲームソフトが最近リリースされておりますが「電車でGO!」はその分岐点だったような気がします。

(C)TAITO CORPORATION
▼外部リンク
電車でGO! FINAL

■関連記事
大人気WEB小説の書籍化「まおゆう」第2巻、1月31日に発売!
アニメ「シュタインズ・ゲート」プロモーションムービーが公開!
「CLANNAD AFTER STORY」BD-BOXが4月に発売!
PSP&Wii「SDガンダム ジージェネレーション ワールド」コレクターズパック予約再開!
PS3「真・三国無双6」が2011年3月に発売決定!