e1

写真拡大 (全3枚)

テキスト系妄想メディア「ワラパッパ (WARAPAPPA )」より

編集委員の横尾茜です。自分にとっては習慣化してしまって意識していないことが、他人にとっては目からウロコのライフハックだった!? なんて激レアなライフハックを探るインタビュー『突撃!隣のライフハック』。第13回は、2010年の書籍売り上げナンバー1! 200万部越えの大ヒット『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』の著者、岩崎夏海さんに突撃しました。http://news.livedoor.com/article/detail/5230287/

最近ネットではライフハックってやつが人気ですよね。

で、ライフハックってどういう意味なんだろうと思って調べてみたところ、「仕事や生活をもっと快適に、効率よく、楽するための方法」のことらしく、要するに大雑把にいうと、「おばあちゃんの知恵袋」的なことなんだと理解しましたが、合ってるでしょうか。

それでですよ。

この「らいふはっく」ってやつを書くと、ネットでは「勉強になりました!」みたいな賞賛のコメントががっぽがっぽついて? リツイートもドカンドカンされて? 一躍ヒーローみたいな? そういうバラ色の未来が待っているという話を聞きましたので、これはぼくも何か出すしかないだろうと。おばあちゃんの知恵袋ならぬ、三十路独身男の知恵袋を開放するしかないだろうと。


……。


そんなわけで色々考えてみたわけなんですが、これがまぁ出ない出ない!

いやー、すごいわ。ライフハック記事を書いてる人、すごいわ。よくまあポンポンポンポン出てくるもんだ。その調子で“ライフハック記事を書くためのライフハック”をぼくに教えてほしいです。

それにしてもですよ。

なんていうか、生きてきた年数はそんなに違わないはずなのに、人に教えられるような知恵が一つもないっていうのは、それはどうなんだろう。それはひょっとしてすごくまずいことなんじゃないのか。婚活パーティーとか行ってプロフィール用紙に「あなたのとっておきのライフハックを書いてください」みたいな欄があったら非常に困るんじゃないか。

そんな危機感に見舞われながら必死に一週間ほど考えた結果、一つ思い出したライフハックがあったので、ここで皆さんに発表したいと思います。


ハイ、まず耳をご覧ください。





なんの変哲もない耳ですが、皆さん耳掃除はされますよね。

で、そのとき、どこを掃除します?

たぶん、多くの人は鼓膜に通じる一番大きな穴、つまり“耳の穴”を耳かきで掃除するのではないかと思うんです。



……甘い!



それだけじゃダメなんです。

実はこれ、ぼくもわりと最近気付いたのですけども、耳垢っつーのは、ここだけじゃなくて、





ここ! ここにも溜まるんです!

だからここもちゃんと掃除してやらないと、そのうち悪臭を放つようになってしまうんです!


もうね、これ気付いたときには、ぼくは震えましたね。

これだ、と。

30年近く女性に避けられてきた理由はこれだ、と。

いやね、おかしいと思ったんですよ。

男:女=5:5の飲み会でぼくの隣に女性が座ったためしがないっていうのは、いくらなんでもおかしいだろうと。1回ならいいんだけど、なぜ毎回そうなのかと。「席替えタイム」みたいなのが始まっても、ぼくの隣には誰も来ませんからね。

でもその理由は、これではっきりしました。


「女性が寄ってこない理由=耳臭」


これだね!


続きを読む

この記事の元ブログ: 30年間生きてきてたどり着いた、究極のライフハックを教えましょう!


最新の人気記事はコチラ
「歴史上の人物を今風に暗記する」メソッド
マンション探しで遭遇した、ありえないレベルのハプニング集
超能力者向け「絶対に失敗しない告白方法」
店員が元気いっぱいのラーメン屋に行ったら、すごい勢いで謝られた話
西野カナは、いつ頃「会える」のか?
坂本龍馬の選挙ポスターを考えてみた
フリー画像だけで「天空の城ラピュタ」