凄いリアルなFPSゲームが登場! まるで実写……というかこれ実写?

写真拡大




動画共有サイト『YouTube(ユーチューブ)』で話題になっている動画を紹介。それはFPS(ファースト・パーソン・シューター)という一人称型シューティングゲームを実写で再現した動画だ。この動画は数あるFPSゲーム中でも最も人気のある『Call of Duty』シリーズを模写しているようだ。

ナイフの構えから、エネミーポイントの表示、そして血痕などまでゲームそっくりに作られている。『Call of Duty』は4作目以降に急激にリアルさが増してまさに実写かのような映像美で話題になった。

今では全世界で発売日に500万本以上売れるモンスターゲームソフトだ。そんなFPS大好きが見たらちょっと笑ってしまう今回紹介した動画。こうやって実写で映像化してみると、ナイフの持ち方など不自然さが目立つのはゲームと実写の差だろうか。ただ銃や爆発のエフェクトはかなり作り込まれており、本当に爆発しているかのように編集されている。ただダメージを食らったときの効果音がほかの作品の物のような。

個人的には『BIOSHOCK(バイオショック)』を実写で再現してほしかった。あの60年代の雰囲気とプラスミド(特殊能力)を使う様を実写で見てみたいものだ。恐縮だが……。

実写で作られたFPSの動画

■関連記事
『M-1』で優勝にふさわしいと思うのは? 「笑い飯」「スリムクラブ」「パンクブーブー」吉本勢強し!
クリスマスの夜は何をしてた? 1位「一人で過ごした」13.7%、「彼女と過ごした」は2.1%
ボンバーマンとロードランナーが混ざった主人公がマリオのゲーム! その名も『ボンバーマリオ』を作った
イナズマイレブンのキャラクター人気投票結果 運営「1位〜3位のほかに4位〜10位も壁紙にするよ!!」 2chユーザー「ぐぬぬ」
どこでも『ATOK』や『一太郎』『Firefox』を持ち運べる『oreplug』をレビュー! 「パーマン」バッジみたい