涼宮ハルヒ最新作『涼宮ハルヒの驚愕』、2011年5月25日に刊行

写真拡大

 前作『涼宮ハルヒの分裂』(谷川流/著、いとうのいぢ/イラスト、角川書店/刊)から約4年、『涼宮ハルヒ』シリーズの最新作である『涼宮ハルヒの驚愕』(谷川流/著、いとうのいぢ/イラスト、角川書店/刊)が、2011年5月25日に刊行されることが角川書店から発表された。

 この『涼宮ハルヒの驚愕』は前編と後編2冊に分かれて発売される予定で、ページ数は2冊合わせて総計約600ページにのぼるという。また、世界同時発売となる(出版する国は順次発表予定)。

 『涼宮ハルヒ』シリーズは、「第8回スニーカー大賞」(角川書店主催)で大賞を受賞した『涼宮ハルヒの憂鬱』から始まる、ライトノベル史に残る大ヒットシリーズ。これまで計9冊、累計650万部が発行され、コミック版やアニメ版も人気を博している。また、小説とコミックは、あわせて世界13ヶ国で翻訳されており、海外からの人気も根強い。

 待望の最新作となった今作。角川書店の公式ウェブサイトには本作の特集ページがオープンしており、作品の詳細は1月29日に公式ウェブサイトなどで発表されるという。
 発売は半年先とまだまだ遠いが、楽しみに待っていたい。
(新刊JP編集部/金井元貴)

【関連記事】  元記事はこちら
台湾発ライトノベルが日本上陸 1月1日に日本語版を刊行
『KAGEROU』好調なスタート ネット上では批判の声も
宮部みゆき、“新人作家”に戻るその理由とは
『もしドラ』効果で急増? 「もし…たら」というタイトルがつけられた本を集めた

【新刊JP注目コンテンツ】
書店員お勧めの本を紹介中!「ブクナビ」
時間・場所に捉われない働き方『ノマド出張仕事術』特集