就職情報会社のディスコ(東京都文京区、夏井丈俊社長)は、「日経就職ナビ2012」に登録する外国人留学生(現大学3年生および修士1年生)を対象に11月24日〜12月6日の期間、インターネットで就職に関する意識調査を行った(有効回答数443人)。その結果、2011年の就職活動が厳しいと回答する学生は約9割となり、日本人以上に厳しい就職活動を予想していることが分かった。

 2011年の就職戦線について、2010年に比べてどのようになるか見通しを聞くと、89.0%が「厳しい」と回答した。11月中旬に実施した2012年春卒業予定の日本人学生モニターへの調査と比較すると、日本人では86.5%が「厳しい」と回答しており、厳しさは留学生が上回っていることが分かった。

 グローバル人材の採用が話題となる一方で、依然として企業の留学生採用枠は少ない上に、日本人と同等の日本語能力やコミュニケーション能力を求められていることもあり、厳選採用となっている現実を反映する結果となっている。

 就職後のキャリアプランについては、「一つの会社に定年まで勤めたい」が36.3%で最多となる一方で、「いずれは独立・起業したい」も24.2%にのぼり、日本人学生が、「定年まで」59.1%、「独立・起業」8.7%と回答したのに対し、中国など新興国学生を中心に独立・起業にたいする志向が旺盛である。

 日本で就職する際に不安に感じること(複数回答)で、「職場でよい人間関係がつくれるか」(44.1%)が最多。以下、「自分の日本語が通じるか」(40.0%)、「希望する仕事に就けるか」(36.4%)、「日本の商習慣になじめるか」(32.0%)と続く。仕事や待遇に対する不安よりも、コミュニケーション面での不安が大きい。

 11月下旬時点の志望業界(複数回答5つ)は、全体では「商社(総合)」が50.9%と最も高く、次いで「電機・電子」(28.9%)とグローバル人材採用を打ち出している企業が多い業界に人気が集まっている。また、今年7月の中国人向け個人観光ビザ発給要件の緩和等もあり、外国人観光客への対応が急務になっている「ホテル・旅行」(20.9%)も3位に入った。

 就職先企業を選ぶ際に重視する点(複数回答3つ)は、最も多かったのは「将来性がある」で61.4%だった。以下、「職場の雰囲気が良い」28.7%、「有名企業である」25.7%、「給与・待遇が良い」25.3%となり、安定有名志向の企業選びとなっている。

不足するグローバル人材 新卒採用では需給に矛盾も
【独自調査】グローバル人材の求人動向-電機・素材業界で求人増加
厳しい就活 学生の就職志望企業に変化

日本人材ニュースCarrera」は働く・学ぶ・遊ぶ・暮らす−キャリアニュースサイト。「中立公正」「確かな取材活動」で情報提供を行っています。