(C)多田かおる/ミナトプロ・エムズ

写真拡大

 累計3,000万部発行の多田かおる原作の人気コミック「イタズラなkiss」をドラマ化。韓国版「花より団子」で花沢類を演じた、キム・ヒョンジュンがIQ200のツンデレ高校生に起用された「イタズラなKiss〜Playful Kiss」。2011年春にはフジテレビ「韓流α」での放映も決定している本作ののDVDのリリースが2011年3月に決定した。

 「イタズラなKiss〜Playful Kiss」は、IQ200のクールな天才スンジョと、健気でちょっとドジな女子高生のハニが贈るHAPPYラブコメディ。ハニは2年間の片想いの末、意を決してスンジョ告白するも「頭の悪い女は嫌いなんだ」とあっけなく玉砕。その後、ひょんな事から、ひとつ屋根の下に住むことになった2人に次々と事件が巻き起こり――。

 「イタズラなKiss〜Playful Kiss」は、「宮〜Love in Palace」「花より男子〜Boys Over Flowers」等、コミック原作のドラマ化に定評があるグループエイトが手がけた人気ドラマだ。日本でもDVDが累計販売17万セット超えのドラマ「宮〜」のファン・インレ監督が演出を手掛けている。

 182cmの長身と端正な顔立ち、爽やかな笑顔で女性ファンを魅了。音楽ユニット「SS501」のメンバーとして日本でも人気が高いキム・ヒョンジュがクールな天才高校生を好演。ドラマ「赤と黒」で女優デビューした新人のチョン・ソミンが、ヒロイン役に体当たりで挑戦している。

 本作は全16話の本編終了後に、その後のエピソードとして番外編全7話が作られ、You Tubeで配信するという世界初の試みみが行われ、公開2日間で52万の再生回数を記録。YouTubeサイト内エンターテインメント分野で最大スレッドを記録するなど、ネット社会の韓国ならではの大きな反響を見せている。

 また、日本語吹き替え版は人気声優の平川大輔と水樹奈々が担当しており、日本のファンはこちらも必見だろう。

 韓国ドラマ「イタズラなKiss〜Playful Kiss」は、2011年3月2日より「セルDVD-BOX1」&「レンタルDVD1巻〜4巻」がリリース。2011年春にはフジテレビ「韓流α」での放映も決定している。

イタズラなKiss〜Playful Kiss - ドラマオフィシャルサイト

「イタズラなKiss〜Playful Kiss」スタッフの気まぐれブログ - livedoor Blog