エストネーションの新ステージ「ESTNATION bis」3月オープン

写真拡大

 東京発信型の大型専門店「ESTNATION(エストネーション)」が、ウィメンズの新ストア「ESTNATION bis(エストネーション ビス)」の展開を発表した。オリジナルブランドをメインに、アクセシブル・ラグジュアリーを提案する小型ストア。1号店は2011年3月上旬、「新宿ルミネ1」2Fフロアにオープンを予定している。

エストネーション新業態の画像を拡大

 2000年にサザビーリーグの子会社として設立したエストネーションは、2001年に第1号店の有楽町店、2003年にフラッグシップストア六本木ヒルズ店、2009年に銀座店と、国内3店舗において大人のラグジュアリーを提案してきた。オープンから10周年の2011年に向けて、若い女性が自分らしくファッションを楽しめる新しいストア「ESTNATION bis」の展開が決定。ラグジュアリーの新ステージを迎える。

 新ストア「ESTNATION bis」では、20代後半〜30代前半の女性をターゲットに、既存の「ESTNATION bis」を中心としたオリジナルブランドを7割、インポートを3割で構成。ウェアや雑貨、コスメなど、知的で上品なアイテムをトータルで揃える。オリジナルブランドでは、シンプル、ベーシックを基本に新時代のエッセンスをミックス。若々しく華やかに生きる女性に、フレッシュな感覚でオン・オフをトータルで演出するリアルクローズを提案する。

 1号店「エストネーション ビス 新宿店」の売り場面積は約260平方メートルで、「エストネーション 六本木ヒルズ店」と比較すると10分の1以下の広さの小型店舗。2号店以降の展開については、1号店の動きを見つつ検討していくとしている。