【懐かしいゲーム特集】「フェアリーランドストーリー」(アーケード版)

写真拡大

ケーキの魔法!(画像:Amazon.co.jp)

「フェアリーランドストーリー」は1985年に株式会社タイトーからアーケード版としてリリースされたアクションゲームです。

ゲームは主人公の魔法使い「トレミー」が敵をケーキに変化させる魔法を使い、画面上の敵を全て倒すとクリアとなる内容です(基本システムは「バブルボブル」等にも継承されています)。

このゲームでケーキを使うアクションがなかなか良く出来ています(ケーキのまま倒す、敵をケーキで潰す等)。また、敵の上に乗って移動出来るのですが、それを利用した攻略ルートを決めないとクリア出来ない面もあるのでパズルゲームの要素もかなり強かったです。おそらく「バブルボブル」よりも難易度は高いと感じているゲーマーは多かったと思います。

ゲームの画面自体はナムコの「トイポップ」等に似た感じで、キャラクターもファンタジー系なのですが内容はかなりの戦略が要求されるという点で「トイポップ」とも共通しています(このころのアクション系パズルゲームは名作が多かった時期であったと思います)。

「フェアリーランドストーリー」は「タイトーメモリーズ 上巻」としてプレイステーション2版もリリースされています。興味のある方はプレイしてみることをおススメいたします。


(C)株式会社タイトー 1985
▼外部リンク

タイトーメモリーズ 上巻

■関連記事
日々命題-HOTなWORDを朝一 CHECK- 今日の話題ワード「クリスマス」
【ニコニコ動画】サッカーの線審に悲劇が・・・
メディアファクトリー12月発売フラッパーコミック情報
「劇場版 銀魂 新訳紅桜篇」がオリコンのDVD総合週間ランキング1位にランクイン!
PSP「AKB1/48アイドルと恋したら・・・」ついに発売!