auのAndroid 2.2搭載“グローバルモデル”スマートフォン『IS06』は12月23日に発売

写真拡大




KDDIは、Android 2.2搭載スマートフォン『SIRIUSα IS06』を12月23日に発売すると発表しました。『Flash Player 10.1』に対応し、パソコンと同様にFlashコンテンツが利用可能。ドコモでは『GALAXY S』に相当する“グローバルモデル”と呼ばれる国際基準の仕様ですが、au独自で提供するサービスにも対応します。

3.7インチ、480×800ドットのワイドVGA液晶を搭載するスマートフォン。プレスリリースには『Flash Player 10.1』に対応することが明記されており、『Androidマーケット』からダウンロードすることで利用可能になります。“グローバルモデル”という位置づけで、KDDIが独自にカスタマイズしたユーザーインタフェースではなく、メーカーのPantech社独自の3Dアイコンを採用したインタフェースを搭載。押しまちがいを防止し、直感的に操作できることが特徴です。

『おサイフケータイ』やワンセグ、赤外線といった国内の携帯電話向け機能は搭載されていませんが、「@ezweb.ne.jp」のEメールが利用できるほか、『Skype au』『jibe』といったau独自のアプリ、au独自のアプリマーケット『au one Market』が利用できます。

一定額を毎月の利用料金から割り引く『毎月割』を適用。新規契約もしくは機種変更で『シンプルコース』の料金プランを選択し、『ISフラット』または『ダブル定額』に加入することを条件に、月額1400円を最大24か月、最大3万3600円割り引きます。

『SIRIUSα IS06』主な仕様
通信方式:CDMA 1x EV-DO マルチキャリア Rev.A(CDMA 1X WIN)
サイズ:約W60×D11.7×H116mm
重量:約109g
連続通話時間:約300分
連続待ち受け時間:約200時間
充電時間:約190分(AC)、約250分(DC)
カラー:チャコールブラック、ピュアホワイト
ディスプレー:約3.7インチ TFT液晶 ワイドVGA(800×480)
外部メモリー:microSD/microSDHCメモリーカード(最大32GB)
カメラ:有効画素数約500万画素オートフォーカス付き
無線LAN:IEEE802.1 b/g準拠
Bluetooth:2.1+EDR
外部インタフェース:microUSB

画像:KDDIサイトより引用

■関連記事
Android 2.2だからといって『Flash Player 10.1』が動くわけではない
CMにレディー・ガガを起用して大攻勢! KDDIが『Android au』の新スマートフォン『IS04』『IS05』『IS06』を一挙発表
KDDIがAndroidスマートフォン『IS03』発売イベント 秋葉原ヨドバシカメラでは“実質2万7000円”で販売
ドコモの2010〜2011年冬春モデル発表 Androidスマートフォンは『LYNX 3D SH-03C』『REGZA Phone T-01C』『Optimus chat L-04C』の3機種
KDDIの電子書籍サービス『LISMO Book Store』が12月25日スタート 専用端末は関西・沖縄地域から順次発売へ