「美人すぎる××」が乱立し、雑誌やネットで「美人すぎる××特集」が組まれたり、AVでも「美人すぎるシリーズ」が登場するなどの社会現象は、どう受け止められているのか。東京、大阪で300人街頭調査を行なうと、意外な反応が浮かび上がった。調査結果を発表する。


 * * *

 調査は昨今メディアを騒がせている代表的な「美人すぎる××」を12人選び、300人を2つのグループに分けて行なった。12人の顔写真に加え、「美人すぎる××」という“肩書”と名前を見せて選んでもらうグループ(150人)と、“肩書”なしで女性の顔写真だけを見てもらって、選んでもらうグループ(150人)だ。設問はズバリ、「本当に『美人すぎる』と思うのは誰か?」。3人までを選ぶ複数回答とした。すると興味深いことに、「肩書きを見せた場合」と「見せない場合」でランキングに変動があったことである。


【肩書きを「見せた」場合の「美人すぎる」ランキング】

1位:松井冬子(日本画家)

2位:ティモシェンコ(ウクライナ首相)

3位:大向美咲(海女)

4位:涼風花(書道家)

5位:宮本笑里(ヴァイオリニスト)


【肩書きを「見せない」場合の「美人すぎる」ランキング】

1位:松井冬子(日本画家)

2位:小正裕佳子(NHKアナ)

3位:ティモシェンコ(首相)

4位:藤川優里(市議)

5位:大向美咲(海女)


 海女の大向美咲さんは肩書きを見せると、5位から3位に浮上したのだ。「肩書き」が「美人度合い」に影響力を与えていることが見てとれる。


※SAPIO2011年1月6日号





■関連記事
ベルギービールの注ぎ方日本一の「美しすぎるバーテンダー」
叙々苑が「美しすぎる焼肉美人」募集中 賞品は12000円の和牛
覚えておいたほうがいい韓流アーティスト ZE:A、FTIslandなど
イベントに1万人超の超新星とストリートライブ出身CNBLUE
月給7万円だった「美人すぎる海女」の経済効果は8億円