リクルートが、同社の求人メディアに掲載された求人情報からまとめた、11月のアルバイト・パート全国エリア別募集時平均時給の調査によると、三大都市圏(首都圏・関西・東海)の平均時給は947円(前月945円、前年同月948円)で、15カ月連続で減少した。営業系職種は2カ月連続で増加し、増加幅も拡大した。

 職種別に見ると、事務系947円(前月948円、前年同月931円)、営業系1044円(前月1044円、前年同月1028円)、製造・物流・清掃系926円(前月920円、前年同月920円)は前年同月比プラス。販売・サービス系936円(前月934円、前年同月936円)は前年同月と同額だった。

 フード系908円(前月910円、前年同月914円)、専門職系1120円(前月1107円、前年同月1125円)は前年同月比マイナスとなった。

 地域別に見ると、首都圏994円(前月992円、前年同月994円)は前年同月と同額。関西898円(前月895円、前年同月900円)、東海892円(前月891円、前年同月899円)は、前年同月を下回った。

非製造業は人員不足の傾向に、技術・技能者や営業職が不足
専門性高い分野は、派遣から正社員に
求人広告件数の増加が継続、前年同月比17.2%増

日本人材ニュースHRN」は人材採用・人材育成の専門誌。「中立公正」「確かな取材活動」で情報提供を行っています。