NTTドコモが受信時最大37.5MbpsのLTEサービス『Xi(クロッシィ)』対応端末を12月24日に発売へ

写真拡大




NTTドコモは、LTEを採用し、受信時最大37.5Mbps、送信時最大12.5Mbpsの高速データ通信を実現するサービス『Xi(クロッシィ)』の対応端末『L-02C』を、サービス開始の12月24日に発売します。

パソコンのUSBポートに挿入して、通常は受信時最大37.5Mbps、送信時最大12.5Mbps、サービスエリア内の一部室内施設では受信時最大75Mbps、送信時最大25Mbpsの通信が可能。エリア外では受信時最大7.2Mbps、送信時最大5.7Mbpsの『FOMAハイスピード』に対応します。海外では『WORLD WING』による3G+GPRSのパケット通信に対応。

アプリケーションの規制はなく、ストリーミング動画やオンラインゲーム、ビデオカンファレンス、インスタントメッセンジャーなど任意のアプリケーションを利用可能。Windowsパソコンに接続する場合、通信設定ファイルと接続ソフトのインストール画面が自動で起動し、簡単に設定できる『簡単セットアップ』が利用できます。

『L-02C』主な仕様
サイズ:約W35×D90×H12.9mm
重量:約44g
対応OS:Windows 7(32bit/64bit)/Vista SP2以降(32bit/64bit)/XP(Professional Service Pack3以降、Home Edition Service Pack3以降)、Mac OS X 10.5.8/10.6.4
カラー:レッド、シルバー

■関連記事
ドコモの携帯から『Gmail』にメールを送ると“音符”の絵文字が“うんこ”になる
バッテリーの持ちがよくなった3Gモバイル通信端末対応のWi-Fiルータ『CQW-MRB2』
Android 2.2だからといって『Flash Player 10.1』が動くわけではない
ドコモのAndroidスマートフォン『REGZA Phone T-01C』の発売日は12月17日に決定
藤本美貴さん率いる“ツナガール”が応援! 本日から運行開始の“Wi-Fiタクシー”に乗ってきました