北朝鮮「軍事的挑発したら戦争勃発」韓国の射撃訓練に警告

写真拡大

北朝鮮の公式ウェブサイト「わが民族同士(Uriminzokkiri)は18日、韓国軍が予定していた射撃訓練を批判する論評『北朝鮮の侵略を狙った射撃訓練』を掲載した。

「戦争が起きれば、朝鮮戦争とは比較がならないほどの核による惨禍(さんか)が起こる」と主張するなど、強い反発姿勢を見せた。

論評では「最近、南朝鮮(韓国)傀儡(かいらい)軍部好戦狂が、無分別な戦争挑発策動を狂乱的に繰り広げる中、今月20から24日まで延坪島(ヨンピョンド)を含む西海(黄海)と東海(日本海)、南海の23カ所で射撃訓練を行うことを発表した」と韓国の訓練実施計画を批判。

「傀儡輩党が延坪島砲撃事件を起こした場所で、再び砲射撃訓練を行うと騒ぐことは、朝鮮半島を戦争に巻き込もうとする軍事的挑発だ」と主張した。

論評では韓国の軍事的挑発により戦争が発生した場合、「朝鮮戦争とは比較できないほどの途方もない核惨禍が、私たちの民族に浴びせられることは明白な事実」と強く警告した。

一方、韓国軍による海上射撃訓練は早ければ18日にも行われる予定だったが、天候悪化が予想されることから見送りとなった。韓国政府は、気象条件を考慮した上で20日か21日に行うことを明らかにした。


参照:北朝鮮の侵略を狙った射撃訓練 - わが民族同士
参照:北「延坪島射撃訓練は軍事的挑発」 - アジア経済
参照:軍、延坪島射撃訓練延期「天候よくなれば実施」 - bntnews

(文:林由美)

■【韓フルタイム】とは……
【韓フルタイム】とは韓国に特化した情報を提供する媒体です。
韓国に詳しい専門の日本人記者が取材、執筆を行っております。
韓国中心の出来事をいち早くお届けできるように頑張っていきます。