HTCのAndroid端末でベンチマークテスト! 同じメーカーなのに早さが全然違う

写真拡大




HTC社のAndroid端末『HTC Aria』は小型で軽い代わりに『Flash lite4.0』にしか対応していない端末。パソコンと同様に使えるの『Flash Player 10.1』には対応しておらず、一部Androidアプリは動作させることが出来ない。同社の『Desire HD』はFlashに完全対応しており、大きさもほかの端末に比べて一回り大きい。液晶も4.3インチと大きめとなっているが、性能は現在発売しているAndroid端末の中で最も良いとされている。

では同じメーカーのHTC端末をベンチマークで比較したらどのくらい差が出るのだろうか? Androidのベンチマークソフト『Quadrant』を使い比較してみたぞ。

比較してみた結果は『Aria』より『Desire HD』が大幅に上回る結果となった。ベンチマーク結果も『Quadrant』では『Desire HD』が最も良い結果となり、『Aria』はまあ普通。同じHTC端末でもここまで違うのだ。

そんな『Aria』をFlashでAndroidアプリを製作する為に買ってきたガジェット通信某記者。ほかの記者にFlashが動かない事を指摘され現在ガッカリしているようだ。

みんなはAndroid端末を買うときは周りのみんなに相談して慎重に買おう! 店員オススメされて勢いで買うなんて馬鹿なことしちゃダメだぞ。

それにしても『Desire HD』のスペックは凄いなあ。

HTCのAndroid端末2機種をベンチマークで比較してみた(ニコニコ動画)


■関連記事
Android 2.2だからといって『Flash Player 10.1』が動くわけではない
iPhoneアプリが気軽に作れる『AppMakr』でガジェット通信アプリを作ってみた
こんなクリスマスは過ごしたくない! 「当日にフラれた」「脈あり男性にメール」
JaneStyleの作者が作った軽快Twitterクライアントソフト『Janetter』正式版が公開!
石原慎太郎オンリー同人イベント『二次元の季節』開催 「オタクの立場を悪くしないで」と反論も