東京都青少年健全育成条例が可決されるも名古屋では市長がコスプレイヤーに混ざりコスプレ

写真拡大




昨日(12月15日)東京都青少年健全育成条例が可決され、今後のアニメや漫画に大きな影響を与えることになると心配されている。来年3月に開催される東京国際アニメフェアでは出展予定だった出版社が10社ほど出展取り消しとなる異例の事態。このままでは東京都のアニメ、漫画文化が衰退していくのではないかと危ぶまれている。

そんな中、名古屋ではこんな都条例関係無しに市長自らコスプレイベントに参加していたのだ。名古屋市長である河村たかし市長は過去に開催された『世界コスプレ・サミット』にてアムロや徳川宗春のコスプレをしたりとイベントを盛り上げているようだ。特に話題になったのは『世界コスプレサミット2009』の時のものだが、今になって『Twitter』で話題になっているようだ。

『Twitter』上では以下の様なつぶやきが書かれている。
・アニメではく実写なので問題は無い(東京都)
・東京から引っ越すかな
・名古屋いいなー。
・名古屋うらやましす
・名古屋始まってるなぁ。是非河村さんには再選を
・もう名古屋が首都でいいよ

これが切っ掛けでコスプレや同人誌イベントは今後名古屋が中心地になるかもしれないぞ。とは言ってもこの写真は都条例が出るかなり前の話だ。今は議会解散、市長選と揺れている名古屋市だが、当時は楽しそうにコスプレしていた市長。無類のコスプレ好きなんじゃないかなあ。

記者も名古屋生まれだが暫く帰省してみようかな……。

※画像はtwitpicより引用

■関連記事
石原慎太郎オンリー同人イベント『二次元の季節』開催 「オタクの立場を悪くしないで」と反論も
海上自衛隊iPhoneアプリ『SALUTE TRAINER』で敬礼の練習をしよう! 動画がカオス過ぎる
東京都青少年健全育成条例ついに可決! 可決されたあとに起こりそうなことを大胆予想
ようやく“ふるさと納税”の使い道が出てきた! 東京都以外に貢献してみよう
東京国際アニメフェア 空き枠あるし追加出展募集受け付け中だよ!