まっすぐでキュッと締まった美しい脚は、女性のあこがれですよね。

 女優やモデルの理想的な脚って、やっぱり生まれつきのものと思っていませんか? しかし、「脚の太さや形に対するコンプレックスは、決して諦めることはありません」と鍼灸師でトレーニング指導士の岡本啓司先生は言います。岡本先生は、女性の脚をまっすぐに美しく整えるプライマリーウォーキング(O脚・X脚・内股などが原因で悪くなってしまった姿勢を美しくする歩き方)を開発した人物。「脚の形は先天的な原因があるような場合を除いては、99%と言っても過言ではない確率で改善することができます」。

 とすれば、美脚を遠ざける原因はどこにあるのでしょうか。岡本先生によると、日常のしぐさや行動に起因している場合が非常に多いそうです。

 たとえば、室内履きとして使っているつっかけタイプのスリッパ。足元がしっかりホールドされないため、歩くとペタンペタンとなり、どうしても余計な力が入ってしまいます。「スリッパが飛ばないように、指を丸めたり足全体を反らしたりして、結果的に血流が悪くなります。また、脚の方が歩行の形に合わせてしまうので、姿勢が悪くなります」と岡本先生。「室内履きにも、甲の部分をしっかりとホールドするものを選びましょう」とアドバイスしています。

 室内でスリッパを履いている皆さん、まずはそのペタペタスリッパをやめてみませんか? そのスリッパが"ブス脚"をつくる原因かも...。



『まっすぐ美脚。』
 著者:岡本 啓司
 出版社:ゴルフダイジェスト社
 >>元の記事を見る





■ 関連記事
『パンツ柄の「ブリーフケース」など人気作家監修のオモシロトートバッグ登場〜『モーニング』』(2010年12月8日05:59)
『"女子が読む"少年マンガ誌『月刊コミックジーン』来春創刊』(2010年12月7日05:59)
『iPhoneと組み合わせた絵本『PhoneBook』に補助金版登場』(2010年12月6日05:58)


■配信元
WEB本の雑誌