石原慎太郎オンリー同人イベント『二次元の季節』開催 「オタクの立場を悪くしないで」と反論も

写真拡大




本日、青少年保護育成条例が可決されたのを受け、反発するかのように石原慎太郎オンリー同人イベント開催の告知が『Twitter』にてつぶやかれていた。日程は2011年3月12日(土) 大田区産業プラザPiO大ホールとなっており、都条例が施行される直前となる。

主催は、様々なイベントを開催している高天原。今回のイベント名『二次元の季節』は石原慎太郎が過去に出版した短編小説『太陽の季節』から取ったもので、イベント内容もそれに関する同人作品がメインとなる。この作品は半世紀も前の作品で内容が過激なことからネット上でも批判が飛び交っており、「石原慎太郎は過去にレイプ小説を書いてた」という声が挙がっている。現在この作品は復刻版が出ておりアマゾンで小説、もしくはDVDを購入することができる。

そんな石原慎太郎オンリー同人即売会に対して、応援する声を批判する声が挙がっているようだ。

・感動した。
・キタ━━━(゚∀゚)━━━!!
・馬鹿じゃねーのwwwwもう大好きwwww
・この行動力は凄い
・勇者だ…
・大ホールとか本気すぎるwww
・本当にこういうのはやめていただきたいですね
・石原オンリー開催は逆効果だと思う人は黙ってリツイート

と、皆が賛成しているわけでは無さそうだ。新宿ロフトプラスワンでコッソリやるのではなく、大田区産業プラザPiO大ホールと大々的に開催となると事情も別だ。

『Twitter』では「【拡散希望】「太陽の季節」中心 石原慎太郎オンリー同人誌即売会『二次元の季節』開催します。日時:2011年3月12日(土) 大田区産業プラザPiO大ホール 【主催:高天原】 取り急ぎ開催告知まで」と書かれており、現在高天原の公式サイトには、まだ詳細は書かれていない。

Twitterの告知

■関連記事
海上自衛隊iPhoneアプリ『SALUTE TRAINER』で敬礼の練習をしよう! 動画がカオス過ぎる
東京都青少年健全育成条例ついに可決! 可決されたあとに起こりそうなことを大胆予想
ようやく“ふるさと納税”の使い道が出てきた! 東京都以外に貢献してみよう
東京国際アニメフェア 空き枠あるし追加出展募集受け付け中だよ!
話題の暗視カメラのおもちゃで服がスケスケの事実? 検証してみた!