インテリジェンス(東京都千代田区、高橋広敏社長)が運営する転職サービス「DODA(デューダ)」は、「DODA職種別平均年収2010-2011年版」を発表した。同社の「DODA転職支援サービス」に、2009年8月から2010年7月末までに登録した転職希望者のうち、25〜39歳に該当する約3万5,000人、59職種の給与データを集計した。

 全職種の平均年収は前年比6万円減少し、450万円となり、3年連続で前年を下回った。職種別に見ると59職種のうち36職種で平均年収が減少しており、08年秋の“リーマンショック”に端を発した不況から抜け出せない企業が多いことが分かる。

 前年比の増減では、ITエンジニアが7職種全てで前年を下回っているほか、高年収だった金融系でも「法人営業(メガバンク・地方銀行・証券)」がマイナス140万円、「運用会社(ファンドマネジャー・アナリスト・ディーラー)」がマイナス193万円などと、大幅に下落している。

 一方、不況の影響を受けにくく、マー ケットが堅調に拡大しているメディカル業界は、「営業(医療機器・医療関連)」がプラス20万円、「臨床開発」がプラス23万円と、昨年に比べ増加傾向にある。

 総合ランキングでは、4年連続、「投資銀行業務」が第1位で891万円、次いで、第2位「運用会社(ファンドマネジャー・アナリスト・ディーラー)」(654万円)、第3位「コンサルタント」(607万円)と、金融・コンサルタントが続いている。

 文系(非技術系)職種、理系(技術系)職種別のランキングを見ると、文系職種では、4年連続1位の「投資銀行業務」をはじめ、金融系職種が10位以内に4職種ランクイン。理系職種では、「ITコンサルタント」(599万円)が1位、「プロジェクトマネジャー」(597万円)が2位となり、3 位の「セールスエンジニア・FAE」(542万円)と50万円以上の差を付け、ITエンジニア職種が1、2位を独占している。金融、IT系は、前年に比べ年収額は下がったものの、依然として高水準となっている。

アクセンチュア〜自らアクションを起こすセルフスターターの採用に注力
スペシャリスト人材の4割がボーナスなし!?
不足するグローバル人材 新卒採用では需給に矛盾も

日本人材ニュースCarrera」は働く・学ぶ・遊ぶ・暮らす−キャリアニュースサイト。「中立公正」「確かな取材活動」で情報提供を行っています。