トーソー(株)では、このほど業界初となる天然木を使用した防炎木製ブラインド「ベネウッド防炎」を新発売した。
木製ブラインド自体は、従来消防法における防炎対象物品ではないが、高層建築物などで防炎性能を求めるニーズは多かった。こうしたニーズに応える形で、同社では天然木(桐材)を使用したスラット(はね)に防炎処理を施す新技術を採用し、日本防炎協会より防炎製品の認定を受けた「ベネウッド防炎」を発売した。木製でありながら燃えにくいため、高層階の住宅や宿泊施設、商業施設など防炎性が求められる場所に最適である。スラット幅は50mm、カラーは全4色(オフホワイト、ソフトブラウン、ダークブラウン、ビターブラウン)。

また同社では、12月の新商品として、カーテンアクセサリー(タッセル)の新アイテム、調光スクリーン「ビジック」新色スクリーンを新発売した。タッセルでは、昨今のカーテントレンドに合わせて、モダンテイストやナチュラルテイストのデザインを拡充、マグネットタッセルもラインナップした。「ビジック」については、売れ筋生地であるゼブラシリーズに新たに4色追加し全8色のラインナップに拡大した他、遮光性を高めた新シリーズ「ゼブラシークル」が新登場した(遮光3級相当)。