【懐かしいゲーム特集】「プロ野球 ファミリースタジアム」(ファミコン版)

写真拡大

野球ゲームの金字塔!(画像:amazon.co.jp)

「プロ野球 ファミリースタジアム」は1986年に株式会社ナムコからファミリーコンピュータ版としてリリースされた野球(スポーツ)ゲームです。通称「ファミスタ」と呼ばれています(1989年版から正式名称になりました)。

「ファミスタ」は現在ある野球ゲームの原型とも言うべき作品で(その前にも任天堂「ベースボール」もありましたが)、基本形は「ファミスタ」にあるものを踏襲していると言っても過言ではありません。

1つ目は操作体系ですが、守備を含めたビッチャーの操作が全て出来るという点です。当たり前のように聞こえますが、実は「ファミスタ」以前の野球ゲーム(任天堂「ベースボール」)では守備はオート守備でかなりのザルでした。そのためオート守備では守備での実力差が出にくかったと思われます。

2つめは選手・チームに個性があるという点です。特にチームの投手・野手に個性があるので各人の好みによって好きなチームや強いチーム(弱いチーム)が選択出来るという点です。但し、10チームしかないのでFチーム(フーズフーズ)やRチーム(レールウェイズ)は複数の球団が連合していた関係でかなり強力な構成になっていました。またNチーム(ナムコスターズ)は当時のナムコのゲーム・キャラクターで構成されており、特に「ぴの」はおそらく原作のトイポップよりファミスタのほうが有名になってしまい、Nチームでの「ぱっく」よりもその存在感があるキャラクターになっておりました(そういえば「とふかふ」というキャラクターの元ネタが当時わかりませんでした)。

初代「ファミスタ」がリリースされて24年、もはや当時の選手もいないと思っていたのですが「くどう(工藤公康)」が今年も現役であったのは驚きです。今年で西武を退団となっていますが、出来ればまだまだ現役で頑張ってほしいところと思うのは私だけでしょうか?


(C)NAMCO 1986-
▼外部リンク
プロ野球 ファミリースタジアム

■関連記事
【懐かしいゲーム特集】エレメカの歴史第29回「ウルトラハンド」(幻のゲームを追え!その14)
【ニコニコ動画】人類には早すぎるランキング
【アニメ】「チェブラーシカ」の映画が公開!
【税金】所得税の確定申告 その準備!
日々命題-HOTなWORDを朝一 CHECK- 今日の話題ワード「戦国甲冑をつくる」