「魅力的な女性」とは、「好かれる努力」をおろそかにしない女性だとよく言われます。しかし、それは特別なことではありません。誰でもちょっとしたことを大切にするだけで、魅力的な女性に近づくことができると、矢沢永吉、中森明菜、鈴木雅之など数々の著名なアーティストの作詞を手がけた松本一起氏は言います。

 最初のステップとして、今日から「ワンランク上の生活」をはじめてみてください。買い物にしても食べ物にしても考え方にしても、今この瞬間からランクを一つ上げるのです。

 例えば、これまで「少し予算をオーバーするから、欲しいブラウスをあきらめる」という選択をしていたなら、これからはそれを「買う」という選択をする。ただ、その代わり、他のことをちょっと我慢することがポイントです。欲しいブラウスを買うかわりに、新しいスカートを買うのを諦める。それなら予算的にも無理がありません。

 これまで洋服3着分にあてていた予算を、本当に気に入った1着に投じてみる。その積み重ねが、あなたの周りに徐々にグレードアップしたものを増やしていくことになります。

 食事にしても同じです。1か月に数回程度なら、豪華な食事をするもいい。普段は毎日自分でお弁当をつくり、月に数回、ちょっと高級なレストランでランチのコースを楽しむという方法もあるでしょう。

 不思議なことですが、周囲に"いいもの"が増えてくると、人間そのものも変わっていくと松本氏。周りの人や環境の影響で、人はいくらでも変わってしまうのだとか。

 もちろん、お金をかければいいというものではありません。大事なことは、普段とは違う環境に身を置くことで、自分自身を見つめ直すこと。いつも同じ服で、同じようなことばかりしていては、変わりようがないでしょう。こうした「ワンランク上の生活」が、魅力的な女性へと変わるきっかけになるのかもしれません。



『男は、こんな女性と恋がしたい』
 著者:松本 一起
 出版社:三笠書房
 >>元の記事を見る





■ 関連記事
『『CLASSY.』2011年の表紙モデルは小泉里子』(2010年12月5日05:58)
『全国のご当地ラーメン10,000杯以上が集合〜『ラーメンWalker Project』』(2010年12月4日05:58)
『『STORY』最新号の付録は「チャリティ」』(2010年12月2日14:36)


■配信元
WEB本の雑誌