12月11日(土・現地時間)、カナダ・モントリオールのベル・センターで開催された、UFC124「St-Pierre vs Koscheck II」。そのメインイベントでは、UFC世界ウェルター級王座を賭けたTUFシーズン12コーチ対決として、地元出身の世界王者ジョルジュ・サンピエール(以下、GSP)とジョシュ・コスチェックが激突した。

2007年8月に対戦している両者、この時は判定3-0でGSPが勝利を挙げている。以後、ウェルター級絶対王者として6連勝中のGSPに、チアゴ・アウベス、パウロ・チアゴに敗れたものの、GSP以上の試合ペースで6勝を積み上げたコスチェック。3年を経て、再び相まみえる両者による2010年最後の UFCマッチは、大歓声がGSPを後押しする中でスタートした。

開始早々に炸裂したGSPのダブルレッグによるテイクダウンに対し、すぐさま立ち上がったコスチェックは、初回残り1分で反対にテイクダウンに成功。しかし、GSPのジャブで右目の周囲を大きく腫らしたコスチェックは、王者のパンチ&ローによって徐々に劣勢へ。試合後半には、手数&精度が増すGSPの前に、攻め手を完全に失ったコスチェックは、終了間際にもテイクダウンを決められると、そのままゲームを終えた。

裁定結果をきくまでもなく、6度目の防衛成功を確信したGSPは、試合後のインタビューでも、「コスチェックが試合前にアレコレ言ったのは、この試合のプロモーションだということをファンのみんなには理解してほしい」と、敗者をいたわる余裕のコメントも。挑戦者・コスチェックも「GSPは正真正銘のパウンドフォーパウンドだ」と認めざるを得ない、GSPの完勝劇となった。

第11試合 UFC世界ウェルター級選手権試合/5分5R
[王者]
○ジョルジュ・サンピエール
(カナダ)
5R終了
判定
詳細はコチラ
[挑戦者]
ジョシュ・コスチェック×
(米国)
第10試合 ヘビー/5分3R
○ステファン・シュトゥルーフ
(オランダ)
1R3分55秒
TKO
詳細はコチラ
ショーン・マッコール×
(米国)
第9試合 ライト級/5分3R
○ジム・ミラー
(米国)
1R1分59秒
ヒザ十字
詳細はコチラ
シャーウス・オリヴェイラ×
(ブラジル)
第8試合 ライト級/5分3R
×ジョー・スティーブンソン
(米国)
1R1分54秒
KO
詳細はコチラ
マック・ダンジグ○
(米国)
第7試合 ウェルター級/5分3R
○チアゴ・アウベス
(ブラジル)
3R終了
判定
詳細はコチラ
ジョン・ハワード×
(米国)
第6試合 ミドル級/5分3R
×ジョー・ダークセン
(カナダ)
3R終了
判定
ダン・ミラー○
(米国)
第5試合 ライト級/5分3R
○マーク・ボセック
(カナダ)
1R2分33秒
三角絞め
詳細はコチラ
ダスティン・ヘイザレー×
(米国)
第4試合 ミドル級/5分3R
△ハファエル・ナタウ
(ブラジル)
3R終了
ドロー
ジェシー・ボンフェルツ△
(カナダ)
第3試合 ウェルター級/5分3R
×マット・リデル
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
ショーン・ピアソン○
(カナダ)
第2試合 ウェルター級/5分3R
×TJ・グラント
(カナダ)
3R終了
判定
ヒカルド・アルメイダ○
(ブラジル)
第1試合 ライト級/5分3R
×パット・オーディンウッド
(米国)
3R終了
判定
ジョン・マクデッシ○
(カナダ)