「なぜ芸術はあるのか?」岡本太郎の回答

写真拡大

 岡本太郎は、「芸術は爆発だ!」「法隆寺は焼けてけっこう」といった強烈な言動に加え、「太陽の塔」や「明日の神話」に代表されるような、アバンギャルドで、強いエネルギーを持った作品で、芸術界のみならず、世界に名を知らしめてきました。
 『岡本太郎という思想』(赤坂憲雄/著、講談社/刊)は彼が残した言葉や文章に見ることができる、彼の思想について掘り下げた本です。

 岡本太郎が書いた文章には、度々「生活」という言葉が登場します。エッセイや著書の中にも、「生活的」「生活感」「生活様式」といった表現が出てきます。

 しかし、彼の作品を前にして、私たちが「生活」の匂いを感じたり、生活感を連想することは少ないのではないでしょうか。むしろ前衛的で抽象的な世界を感じるはずです。
 そこには一体、どのような意図があるのでしょうか?

 文中から一部を引用しましょう。
 岡本太郎は、「なぜ芸術はあるのか」 という命題に対して、「芸術は、けっきょく生活そのものの問題だ」と言いました。そして、こう続けます。


 芸術は、ちょうど毎日の食べ物と同じように、人間の生命にとって欠くことのできない、絶対な必要物、むしろ生きることそのものだと思います。
 しかし、何かそうでないように扱われている。そこに現代的な錯誤、ゆがみがあり、またそこから今日の生活の虚しさ、そして、それをまた反映した今日の芸術の空虚も出てくるのです。
 すべての人が現在、瞬間瞬間の生きがい、自信を持たなければいけない、その喜びが芸術であり、表現されたものが芸術なのです。
 ――著書『今日の芸術』より。



 岡本太郎が言う「生活」とは、一般的な意味の―家族生活、労働、消費行動といった「生活」ではありません。彼が言っている「生活」とは、「生命」もしくは「生きる」という意味なのです。

 人が生きている中では、その瞬間、瞬間に生まれてくる感情があります。その生まれてきた感情を、自分の中で生まれたものとして自信を持って受け止めて、表現すること。それがそのまま「芸術」で、また、それを表現したものも「芸術」なんだということではないでしょうか。

 これが正しいかどうかはわかりませんが、「楽しい」と思ったことを受けて、笑ったり
 することも岡本太郎が言うところの「生活=生きる」ということであり、「芸術」なのかもしれません。

 岡本太郎は「芸術とは、うまくあってはならない。きれいであってはならない。ここちよくあってはならない。」という宣言をしたことがあります。手先の巧さ、美しさ、心地よさは、芸術の本質とは全く関係がないと言ったわけです。
 当時、この言葉は芸術界に衝撃を与えました。
 「生活=生きる」ことは、技術的に美しく見せる必要なんかないということが言いたかったのかもしれません。実際、岡本太郎の作品は、美しさや心地よさよりも、剥き出しの感情のような荒々しさや、不協和音が内包されています。ですが、同時に見る者を激しく引きつけ圧倒するパワーがあります。それは岡本太郎の思想や哲学がありのままそこにぶつかった結果なのかもしれません。
読む新刊ラジオ:本書のダイジェストにしてラジオ形式で配信中!)

【関連記事】  元記事はこちら
アートディレクター・佐藤可士和が将来を決めた瞬間
なぜイケメン・美女ばかりがモテるのか?
どうして仕事ができる人はゴルフも上手いのか?
“オノズカラ”という思想と、やりたいことをする苦しみ

【新刊JP注目コンテンツ】
野口嘉則『僕を支えた母の言葉』特集ページはこちらから!
新刊JP特集 村上龍『逃げる中高年、欲望のない若者たち』