【懐かしいゲーム特集】「メルヘンメイズ」(アーケード版)

写真拡大

不思議の国のアリスの世界?(画像:amazon.co.jp)

「メルヘンメイズ」は1988年に株式会社ナムコからアーケード版としてリリースされたアクションシューティングゲームです。その後1990年にはPCエンジン用として移植されています。

ゲーム内容は主人公のアリスがシャボン玉を武器に敵を倒すのですが、ボスキャラ以外はシャボン玉で直接倒すというよりもシャボン玉で弾き飛ばして画面外に落とすという感じで、ほのぼのとした感じになっています。またシャボン玉は滞留して撃つと大きくなり威力が増すという設定になっています。

特徴的なのは殆どの敵に当たっても基本的にミスにならない点です(時間制限により出現するキャラは例外)。但し、敵に当たるとはじかれてしまい、床のない部分に落ちることでミスになります。このことで「メルヘンメイズ」はあまり殺伐とした印象を受けないのですが、残機数が3人で1UP要素が一切ないのでワンコインクリアはかなり困難な難易度でした。

こんなほのぼの系ハードコアシューティングゲーム「メルヘンメイズ」はバーチャルコンソール版もありますので一度遊んでみてはいかがでしょうか?


(c)NAMCO 1988,1990
▼外部リンク

メルヘンメイズ(バーチャルコンソールアーケード版)
メルヘンメイズ


■関連記事
【懐かしいゲーム特集】エレメカの歴史第27回「ポールポジション」(体感ゲームの歴史その1)
テイルズオブシリーズ15周年記念本「VISUAL of Tales」が15日発売!
「STAR DRIVER 輝きのタクト」がPSP用ソフトになって登場!
「ケロロ軍曹が西武鉄道を侵略する」であります!
『魔法少女まどか☆マギカ』公式サイト リニューアルオープン!!