“クリスマスマーケット”in 横浜赤レンガ倉庫

写真拡大

“クリスマスマーケット”in 横浜赤レンガ倉庫
「クリスマスマーケット」とは、キリストの生誕を祝うクリスマス(12月25日)とその前4週間の準備期間(アドヴェント Advent)に、ドイツを中心にヨーロッパの各都市の広場で開かれます。

 本場ドイツではクリスマスマルクトと呼ばれる「クリスマスマーケット」は、各都市の広場に、クリスマス関連の小物やグッズ、冬にぴったりの体が温まるグリューワインや、ドイツのクリスマスにかかせないデザート・シュトーレン、熱々のソーセージなどを販売するヒュッテ(小屋)が立ち並びます。その1つ1つのお店が、個性を活かした飾り付けやイルミネーションでライトアップされ、寒いドイツの冬に、暖かくてやさしく美しい情景が広がります。

 そんな楽しくて、心温まる「クリスマスマーケット」が、日独交流150周年事業の1つとして2010年12月4日より横浜赤レンガ倉庫にてスタートしました。本場ドイツのクリスマスオーナメントや玩具など様々な雑貨のヒュッテ、本格ドイツの豊富なフードのヒュッテが立ち並び、特に注目は本場ドイツから持ってきた屋根飾りの人形達。様々なキャラクターは全て直輸入で、臨場感たっぷりにドイツのクリスマスを楽しむことができます。

 広場には高さ約10mの巨大なツリーが登場し、装飾されたシンボルのツリーはまさに幻想的な雰囲気を作りだします。横浜赤レンガ倉庫と港を背景に、幻想的な暖かい光のイルミネーションと個性を活かした飾り付けのヒュッテが、行きかう人々を魅了します。

 ヒュッテにはドイツのクリスマスには欠かせない温かなグリューワイン、スープ、焼き立てのジャーマンソーセージ、手作りお菓子シュトーレン、現地さながらのチョコスイーツ、ドイツの代表的なパンのブレッツェルからミュンヘンで大人気のビール・フランツィスカーナーヴァイスビアなどが賑やかなヒュッテに並びます。さらに、クリスマスマーケットを夢のある場所にしてくれる有名な手作り人形のエルツ人形も登場します。

 クリスマスのプレゼントにもピッタリなエルツ人形は、1つ1つ全て手作りによる伝統工芸品であり、有名な『くるみ割り人形』や、サンタクロース、天使、スノーマン、エルツ山地の炭鉱夫などの様々な人形達によりクリスマスマーケットには、夢のあるヨーロッパクリスマスの世界が広がります。

 また、開催期間中に会場で所定の応募方法で申し込むと、ANAミュンヘン線エコノミー航空券(1組2名様)をはじめ様々なクリスマスプレゼントが当たるかもしれませんよ!


『クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫』
■会期: 2010年12月4日(土)から12月25日(土)
■11:00から22:00(店舗による)
■場所:横浜赤レンガ倉庫イベント広場
※入場無料
■企画・運営:(株)ザート商会

■関連リンク
(株)ザート商会 クリスマスマーケット
ドイツ観光局 クリスマスマーケットページ